top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」      すみだ北斎美術館にて好評開催中!

cinefil

日本の「漫画」は、世界共通言語の「MANGA」として、世界から脚光を浴び、愛され続けています。
すみだ北斎美術館で開催中の「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」では、江戸時代の葛飾北斎、歌川国芳、河鍋暁斎などの浮世絵版画から明治・大正時代の諷刺漫画雑誌、昭和戦中期の子ども漫画等、日本の漫画の変遷を辿ります。

今や世界的ブームを巻き起こした日本の漫画ですが、その起源には、様々な説があります。本展では、印刷文化が発展した江戸時代の諷刺表現である戯画を、現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。
幕府の改革、幕末の動乱、近代化、社会の矛盾や事件、庶民の日常など、浮世絵の「戯画」は様々な事柄を時にユニークに、時に辛らつに伝えました。
そして明治になり、新聞や雑誌など近代的ジャーナリズム媒体の誕生と共に「戯画」は挿絵へ、そして漫画へと姿を変え、漫画雑誌が刊行されるに至り、大衆が楽しめる新しい絵画表現として確立しました。

本展では、江戸時代の浮世絵版画と、明治以降に台頭した漫画雑誌や漫画本などの近代漫画まで総数約270点の「漫画のルーツ」が集結しています。
より多くの作品をご覧いただくため、本館初となる前期・中期・後期の3つの会期で一部展示替えが行われます。
それではシネフィルでも、江戸時代の北斎、国芳、暁斎などの浮世絵版画(第1章)と、明治以降に台頭した漫画雑誌や漫画本などの近代漫画(第2章、第3章)に分けて、いくつかの作品を紹介致します。

浮世絵版画
第1章(商品としての量産漫画の誕生 江戸中期からの戯画の大衆化 ~戯画本・戯画浮世絵)の展示から

江戸時代は印刷出版技術が発展し、浮世絵版画の分野で、北斎や国芳など全国的な人気を誇る絵師が次々と登場。
なかには諷刺を込めた「戯画」が多数登場し、民衆の人気を集めました。
*「戯画」とは、人物の顔や動物などを遊びの目的や滑稽さ、諷刺的な意味を持たせて描かれた絵のこと。

歌川国芳「浮世よしづ久志」(前期)京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム蔵

広告の後にも続きます

歌川国芳の本作は、多様な発想で人々を楽しませた「遊び絵」です。
本作は、「ゑ(え)んぎがよし」「きげんがよし」「ゆめでもよし」など世の中にあふれている「よし」(良いこと)を集めて描いた作品です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル