top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宇多田離婚!いしだ結婚!別れを予見させるカップルの共通点

女性自身

先日、歌手の宇多田ヒカルさん(35)が自身二度目となる離婚を発表。シングルマザーとして生きることを決意したようです。最近は精力的に曲作りや新たに音楽プロデュースを始めたことでも話題になっていましたが、そんな彼女の離婚発表をみた人の多くは「すると思った」と冷ややかです。

また冷ややかといえば時を同じくして、俳優のいしだ壱成さん(43)が3度目となる結婚を発表。相手の飯村貴子さん(19)は妊娠中ということでめでたい出来事ではあるものの、3回目ということと最近のテレビでのノロケっぷりを見て「離婚へのカウントダウンだな」と、さらに世間は冷ややかです。

一般的に離婚を予見させるカップルにはいくつか共通点がありますが、それはデータで実証できるものから“感覚的に分かる”と思うものまでさまざまです。今回はその中でも4つの理由をご紹介します。

■収入格差や業界差がある

広告の後にも続きます

収入格差や業界差が大きくあるカップルや夫婦の場合、当然そこで培われる価値観も違ってくる。そのため、離婚原因の第1位である「価値観の不一致」につながる可能性があります。

「玉の輿」という言葉が女性の間では憧れとして使われますが、その後の生活で今までの価値観を相手に合わせて大きく変えていく必要があります。そのため実は、玉の輿に乗れた後がなにより大変です。

宇多田さんの場合、もともとお相手の方がイタリア人で飲食関係の仕事をされていました(バーテンダー)。生活も価値観も異なっているのがよくわかります。結婚は価値観の違いを埋めていく行為ではあるものの、その差が大きく開きすぎているとなかなか難しいということが言えるのです。

■年齢差がある!

年齢差がある夫婦というのは、実は離婚する確率が高いことがアメリカの大学の研究でわかっています。

研究結果によるともっとも離婚率が低いのが同い年で、1歳年齢差がでることで約3%の離婚率の上昇があるそうです。5歳差で18%、10歳差で39%、そして20歳差になると95%と、もはや“ほぼ離婚確定”になります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル