top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

【集中連載4】三船敏郎&石原裕次郎主演「黒部の太陽」のプロデューサーが明かす大作製作と大ヒットの秘密

キネマ旬報WEB

スティーブン・スピルバーグやアラン・ドロンといった世界を代表する映画人と対等に仕事をし、尊敬された日本人はいただろうか?
「世界のミフネ」と呼ばれた『三船敏郎 生誕100周年×「キネマ旬報」創刊100周年』を記念し、過去の「キネマ旬報」誌面から、よりすぐりの記事を連載いたします。
今回は、1964年に東宝より独立し制作プロダクション「三船プロダクション」を設立した三船敏郎と、同じく1962年に日活より独立し制作プロダクション「石原プロダクション」を設立した石原裕次郎が初めて共同制作、主演した大作「黒部の太陽」のプロデューサー中井景による制作秘話を、1968年5月上旬号「キネマ旬報」よりお届けいたします。

われ勝てり「黒部の太陽」今だから話そう

自分を捨てての協力

照れているわけではないが、悲しみや恨みと違って、喜びという奴には持続性がないようである。「黒部の太陽」ロードショー公開、一般封切りのヒットの感慨は早くも薄れて、相も変らず次回作に奔走している今日この頃の私である。

貧乏な国の、貧乏なプロデューサーに、「われ勝てり」などという原稿は無理なのではないか、そう勝手なことを言いながら締切りのギリギリまで延ばしてしまった。かく言うせっかちの私が、二年もの長期間を費やした「黒部の太陽」なのだから、やっぱりこれは大変なことだ。

「今だから話そう」といって「黒部の太陽」の製作に関して別に、かくされた秘話があるわけではない。製作から完成までのいきさつは、すでに本誌3月上旬号に平井輝軍民が詳細に書いておられるが、まったくあのとおりである。ただ、「黒部の太陽」を企画してからこの二年ほどの間に私なりに感じたことも少なくない。本誌のもとめもあり、いまそれを書かせていただくことにする。

「黒部の太陽」は振返ってみて私にとって、あまりに荷の重い、大きな仕事であったと思う。これが成功した、いちぽんの理由は、私たちが文字どおり自分を捨てて、それぞれ協力しあったことにつきるのではないか。もしこれが、一将功成り万骨枯れる式に、特定少数の人々が利益の追求をめざしていたら恐らく、これだけ大きな仕事はできまいし、成功もしなかったと思う。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル