top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

満島ひかり「完全独立」から3年で「閉店ガラガラ」裏事情

アサ芸プラス

 現在、「完全個人事務所」で活動する女優の満島ひかり(35)。久しぶりに主演作が発表される一方で、業界内では「閉店ガラガラ」と揶揄される裏事情とは──。

 09年に映画「愛のむきだし」(ファントム・フィルム)でモントリオール・ファンタジア国際映画祭にて最優秀女優賞を受賞するなど、数々の賞を獲得。演技派女優として一目置かれる満島が独立を発表したのは、18年3月のことだった。

「『円満退社』を強調し、特に事務所側と揉めた話も聞こえてこなかった」(芸能記者)

 それから約3年が経過した今、佐藤健とダブル主演のオリジナルドラマ「First Love初恋」が22年にNetflixで配信されることが発表され、順風満帆のように思える。だが、前出・芸能記者はこう話すのだ。

「独立してから作品の出演は減り、20年はドラマ、映画の出演が0本でした」

広告の後にも続きます

 17年にはドラマと映画合わせて5本も出演していただけに、物足りない印象を受けるが、出演減少には、「降板騒動」も響いているようだ。

 フリーとして活動を始めてから3カ月後、宮藤官九郎が脚本・演出を担当するシェークスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」で、満島はジュリエット役が決まっていたのだが‥‥。

「みずから企画を持ち込んだにもかかわらず、主演舞台を降板。その理由も特に説明がなく、周囲から批判の声が噴出しました」(演劇関係者)

 満島の失態が尾を引く中、マネージャーをつけないスタイルに対しても、業界内で微妙な空気が流れている。

「代理店やプロデューサーに連絡先を伝え、クライアントとのメールなど満島が直接やり取りをしています。ただ、企画書を見て興味がなければ返信はなく、オファーした側は引き受けてくれるのか結論が出ないまま、待つしかないそうです」(前出・芸能記者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル