top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

藤井隆が語る『酒と涙とジキルとハイド』再演への思い~「出し惜しみをせずに毎回全部出す」

SPICE


2014年に、三谷幸喜が『ジキル博士とハイド氏』を題材に描いたコメディ『酒と涙とジキルとハイド』が、4月27日(金)から東京芸術劇場プレイハウスで再演される。19世紀末のロンドンを舞台にした本作は、人間を善と悪の二つの人格に分ける新薬を開発したジキル博士が、学会発表を前に新薬の失敗に気づき役者のビクターに別人格のハイドを演じさせるという、1幕ものの作品だ。出演は、ジキル博士役に片岡愛之助、ジキル博士の婚約者・イヴ役に優香、ビクター役に藤井隆、博士の助手プール役に迫田孝也と、初演時と同じキャスト。これまで、三谷のほか、宮本亜門、野田秀樹、鴻上尚史ら錚々たる演出家の作品に出演し、本作の初演時の演技でも高く評価された藤井隆が、本作の初演時を振り返るとともに、再演への意気込みを語った。


『酒と涙とジキルとハイド』(撮影:渡部孝弘)



「何も残らないものにしたい」はすごいお題

——大きな評判を呼んだ本作ですが、今、改めて初演時を振り返ってみて、どんなことが印象に残っていますか?

とにかく暑かったのと、ヒザが痛かったのと……(苦笑)。それと、声が枯れないようにと……。そればかり考えていた気がします。

——体力勝負の舞台ということなんですね。

広告の後にも続きます

そうですね。

——確かに、階段の上り下りもありますしね(笑)。初演時の稽古はいかがでしたか?

稽古初日に、三谷さんが「何も残らないものにしたいんです」っておっしゃって、その場ではみんなで笑っていたんですが、笑いながら、僕は「すごいお題だな」って感じてました。でも、実際に稽古が始まってみると、すごく楽しかったです。稽古場にはいっぱい楽器があって、ミュージシャンの高良久美子さんと青木タイセイさんがその場で音を出してくださるんです。そういうことは、あまり経験したことなくて……SEもあったし、音楽もあったし、それは不思議な感覚でしたね。

——では、4年ぶりに再演されることを聞いた時の率直なご感想を教えてください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル