top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2020年、80Cで最も見られた記事はこれだ!PVトップ10ランキング

80C[ハオチー]

今年の人気記事を振り返ってみれば、来年のトレンドも見えてくる…!? 中華専門ウェブマガジン『80C(ハオチー)』で、2020年最も読まれた記事をカウントダウンで一挙紹介!コロナ禍にあった今年のランキングは、例年とはちょっと様相が違います。
★文中のタイトルまたは画像をタップまたはクリックで該当記事が読めます。

【ランキングの算出方法】2019年12月27日~2020年12月22日の期間を対象に、80CウェブサイトのPV(ページビュー)とスマートニュースをはじめとする記事配信先のPVを合算。1記事が複数ページに渡る場合、トップページのPVをカウントしています。

10位|トータル1万kcal超?横浜中華街のマイベスト月餅を探せ!

高カロリーな月餅だけど、みんなで食べれば怖くない…! 10位は連載「横浜オールド中華探訪」の特別企画、月餅食べ比べ&ドリンクとの相性考察記事がランクイン。心躍る月餅を求めて、月餅が苦手な点心師、茶館店主、80C編集者およびライター陣が集い、横浜中華街14店舗15種類の月餅をすべて実食。月餅はもらったり買ったりするけれど、好みの味は見つからない…。そんな月餅難民のみなさんにお届けする渾身の1本!(2020年9月27日更新記事)

参考記事|横浜オールド中華探訪ALL

9位|武漢名物!熱干麺が銀座で食べられる「珞珈壹号(かっかいちごう)

ANAや春秋航空の直行便が飛んでいたにもかかわらず、日本では知名度がなかった都市・武漢。その名を一躍有名にしたのが新型コロナウイルスでした。と同時に、めきめきとPVが上がったのが湖北料理店「珞珈壹号」。中国四大麺に数えられる武漢名物、熱干麺(ルーガンミィェン)を食べたいなら銀座へ!(2018年10月15日更新記事)

広告の後にも続きます

8位|中華メニューの解読法

都内のあちこちにある中国人経営&中国人料理人店舗。店によっては、メニューは中国語でお客さんはほぼ中国人のみというところもありますが、そんなとき役に立つのが80Cの字引的コンテンツ。調理用語や食材名を、簡体字&ピンイン、繁体字、日本語漢字&カタカナ読みで網羅しているので、これがある程度わかるようになると中国料理への理解が高まるはず。将来行くであろう中国旅行の予習にもおすすめです。(2014年4月1日更新記事)

中国・重慶市のとある店の看板。この地域ならではの食材もありますが、比較的メジャーな四川料理が揃っています。

7位|手抜き万歳!中華干し肉・腊肉(ラーロウ)を手軽に作る

冷え込む季節にぜひ作ってほしい、中華干し肉・腊肉(ラーロウ)。漬け込んだり、燻製をかけたりする本格的な作り方も紹介していますが、今年は腊肉の手抜きバージョンを多くの方に見ていただきました。作り方は本当に簡単で、塩とスパイスをしっかり揉み込み、肉にハンガーやフックや紐を通して冷涼なところに吊るすだけ。家に肉が干してある愉悦を味わった後は、切って焼いて食べて、至福のひと時をお約束します。(2017年3月14日更新記事)

左が五香粉バージョン、右が羊名人風味の腊肉(ラーロウ)。

6位|重慶名物・水煮魚が看板料理「翠雲(すいうん)」が上野にオープン

今年東京で最も現代中国を感じさせてくれた店、それは上野の「翠雲」ではないでしょうか。鯉をはじめ、魚はまるっと太ったやつを1本から。煮え滾る麻辣香の油の中で、踊る切り身を取り出しながら食べる特製の水煮魚(シュイジュユィ)は必食です。中国で流行った練炭型の炒飯は、ファイヤー見たさに頼んでしまう人が続出。どの料理も見た目も味もパンチが効いていて、印象に残ること間違いなし!(2020年9月11日更新記事)

翠雲特製水煮魚。おおよそ1鍋5000円ですので、4~5人でどうぞ。

参考記事|発表★ノージル賞2020|ノージルが分泌されるこの店この料理5選

5位|『ミシュランガイド東京 2020』中華料理店ラインナップ

80Cでは毎年いち早く掲載店をご紹介している『ミシュランガイド東京』。どちらかというと検索で読まれることが多く、毎年じわじわとPVを伸ばしていく記事です。現在は最新バージョン、中華ではじめて三つ星が出た2021年版も更新済。合わせてご覧ください。(2019年11月27日更新記事)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル