top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長さを変えずに印象アップデート【旬顔きれいめヘア】を作るコツ

beauty news tokyo

きれいめな印象を演出してくれるだけではなく、「顔周りのカバー力が高い」、「似合わせが簡単」、「簡単なアレンジで印象を変えられる」など、ヘアスタイルに求めることは多数。でも、トレンドを押さえるのも必須です。そこで注目したいのが“レイヤー”や“ウルフ”などの旬ワード。それでは、【旬顔きれいめヘア】にアップデートするポイントをチェックしてみましょう。

▶︎長さを変えずにイメチェン!2020冬【ミディアムヘア】最旬スタイルの作り方

(1)似合わせ簡単“レイヤースタイル”で小顔感UP

今シーズンのトレンドの1つとなっている“レイヤースタイル”は、ざっくりと入ったレイヤーで顔周りのボリューム感をコントロールしやすいのが特徴。小顔効果が高く、似合わせも簡単ですし、髪の動きをより強調することでフェミニンな雰囲気を醸せます。

出典:@hair.cm/櫻木裕紀

鎖骨にかかる毛先をラフにワンカールさせつつ顔周りを外巻きに。ふんわり感と抜け感が大人っぽさを引き出します。また、よりイマドキ感の高い大人可愛いスタイルに仕上げるべく、毛先にほつれ感や揺れ感を演出しましょう。

広告の後にも続きます

切りっぱなしのレイヤースタイルは、落ち着き感のあるスタイリングで少し大人っぽく仕上げるのがポイント。

出典:@hair.cm/二宮 万莉 kyli 表参道

一般的に切りっぱなしスタイルは重めに仕上げることが多いですが、薄めのレイヤーと合わせると今シーズンらしい透け感たっぷりのスタイルにアップデートできます。顔周りの重心を低くすることが似合わせのポイントです。

(2)個性を引き出す“ウルフスタイル”でおしゃれ感UP

毛先を外ハネ中心にランダムにカールさせた“ウルフスタイル”は、長さがあっても重見えしにくいのが特徴。髪の長さを強調するダウンスタイルでも透け感を演出するには、チラリと耳を覗かせるようにスタイリングするのがポイントです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル