top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

彼からのクリスマスプレゼントにガッカリしたことある女性、約6割…。ほんとは何が欲しかった?

ヒトメボ


 欧米とはちょっと違うようですが、日本のクリスマスは想いを寄せ合う男女にとっての一大恋愛イベント。好きな人とデートしたり、ケーキを食べたり、サンタクロースも恋人だったりします。ただ、そのプレゼントがいつも期待通りかというと……、ときに幸せな時間が壊れてしまうことだってあるようです。100人に聞いてみました。

Q. 恋人からのクリスマスプレゼントにガッカリしたことは?


ある:49人
ない:51人

 約半数にガッカリプレゼントの経験があるようですが、男女別で見たとき、男性は24人中4人(17%)なのに対して女性は76人中45人(59%)となっていて、恋人からのプレゼントに不満を抱くのはほぼ女性のようです。彼女たちはいったいどんなプレゼントにガッカリしたのでしょうか?

■違う、そうじゃないプレゼント


「日用品で欲しいと言っていた洗剤を贈られた。欲しくても『それはないな』と思った。お歳暮だったのかな」(新潟・40歳女性)

「アロマポットとアロマオイルです。好みの香りではなかったのとポットもあまりおしゃれではありませんでした。本当はキーケースが欲しかったです」(東京・44歳女性)

「完全に恋人の趣味に関する本(自分は全く興味なし)をもらってがっかりした。せめて、自分の趣味の本が欲しかった」(東京・31歳女性)

「自分で描いた風景画をくれましたが、あまりにもヘタなので押し入れにしまってしまいました。まだ写真のほうがよかったです」(東京・52歳女性)

「題名が全く分からない、自分の好きな音楽のみを吹き込んだMDを、わざわざ宅配便で送られて来た時。コメントのしようがなかった」(徳島・32歳女性)

 いくつかのプレゼントについては素直に喜べない気持ち、分かるような気がします。なかには、プレゼント自体もらえなくて「選んでもらえたら、なんでも喜んだのに…」という声もありましたが、もらえても果たして喜べたか……。洗剤はともかく、自分と相手、どちらの趣味に合わせていても何かしら不満は出てきそう。もしかすると彼女たちがクリスマスにほしいプレゼントは元から決まっていた可能性も。

■アクセサリー以外のプレゼントにはガッカリ!?


「食事がプレゼントと言われても残るのは脂肪だけだから困る。貴金属や靴、洋服など身につけるもので、他人に見せられるものが良かった」(静岡・49歳女性)

「20代後半のジュエリーが欲しい年頃だったのですが、ワンピースの漫画全巻をいただいた時は内心ガッカリしました」(東京・31歳女性)

「好きなお菓子の詰め合わせです。好きなお菓子なら間違いないし、お金もかからないという理由でした。リングなどジュエリーが欲しかったです」(石川・36歳女性)

「アクセサリーが欲しかったのに、大きな包みだったので『あれ?』と思ったが、中身はコートでした」(広島・65歳女性)

「サイズの合わない靴を貰い本当にがっかりしました。ネックレス等のアクセサリーがよかったです」(大阪・21歳女性)

 ガッカリしたことのある45人のうち、本当はほしかったものにアクセサリーやジュエリーを挙げた人は最多の13人。また、ガッカリしたことがない31人のうち15人もまた、一番嬉しかったプレゼントにそれらを挙げていました。もちろんプレゼントを選んでくれる気持ちだけで嬉しい、でも形に残るものであればなお嬉しい、できれば身につけられるもの、つまりは「アクセサリー」ということのようです。

■そうして辿り着いた答えに対しても……


「指輪だと思っていたのに、開けたらネックレスだった時に、内心ガッカリしたことがあります」(兵庫・44歳女性)

「サンタブーツの中に、お菓子と一緒に指輪の箱を入れて(隠して)もらったが、そのシチュエーションが前の彼女に渡す時と全く同じでガッカリした。(彼と付き合う前に共通の友人から聞いていたので)」(福岡・40歳女性)

「指輪を選んでるのですが安い指輪ばかり見て悩んでいる姿にがっかりしてしまい、結局別れました」(兵庫・33歳女性)

 アクセサリーといっても、指輪でなければイヤ、他人と同じ演出はイヤ、安いものはイヤと、それでも乙女心は簡単には満足しません。「恋人からもらうプレゼントなら何でも嬉しい」と具体的なモノを挙げることが少なかった男性とは対照的ですが、女性がワガママかというとそれも違うのかも。というのも、クリスマスのある12月はエンゲージリングの購入が最も多い月なんだそう。どうしてもそれを期待してしまったり、落差が気になったりするのではないでしょうか。

それに、

「クリスマスプレゼントが婚姻届(プロポーズ)だった。指輪は私の好みがわからないから、となかったけどもともと指輪はいらなかったし夢のような時間をもらえた」(千葉・29歳女性)

 童話みたいですが、巡り巡って最後はやっぱり気持ちのようですよ。みなさんが素敵なクリスマスを過ごせるよう祈っています。


調査方法:(株)ウィルゲート提供の「サグーワークス」モニター100名に対してアンケート
(ヒトメボ編集部&サグーワークス)

TOPICS

ランキング

ジャンル