top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

近年注目されるチベット映画を特集!ソンタルジャ監督やペマ・ツェテン監督などの劇場未公開作などを中心に「映画で見る現代チベット」開催!

cinefil

近年注目されるチベット映画の特集上映「映画で見る現代チベット」を来年 2021 年 3 月 13 日(土)~4 月 2 日(金)に 岩波ホールで開催されます。この度、特集上映のポスタービジュアルが完成、タイムテーブルも解禁となりました。 トークイベントの開催も決定しました。

現代のチベット社会を見つめ、21世紀に誕生したチベット映画のこれまでの歩みを考える特集上映。 『巡礼の約束』のソンタルジャ監督最新作『ラモとガベ(原題)』日本プレミアや『羊飼いと風船』のペマ・ツェテン監督の劇場未公開作も上映!

近年注目されるチベット映画人の作品を中心に 全7作品を上映する今回の特集上映。
期間中には、『草原の河』『巡礼の約束』のソンタルジャ監督最新作でサンセバスチャン映画祭で上映された『ラモとガベ(原題)』が、今回特別に日本プレミア上映され、また、ソンタルジャ監督とともにチベット映画人を代表する存在であり、最新作 『羊飼いと風船』が1月22日より初の劇場公開となるペマ・ツェテン監督の劇場未公開の傑作『オールド・ドッグ』『タルロ』も 上映されます。
初日3/13にはソンタルジャ監督のティーチインとチベット語研究者の東京外国語大学教授・星泉さんのトー ク、3/20にはソンタルジャ監督作品の日本語字幕を手掛ける松尾みゆきさんによる上映後トークなどイベントも行われます。
全7作の映画やトークイベントを通して、「失われていく伝統」「共同体と個人」という現代チベット映画に欠かせないテーマや、「日常を支えるチベット仏教」「チベットの女性」「チベットの子供」などの重要なテーマで現代チベット社会を見つめ、同時に、21世紀に誕生したチベット映画人によるチベット映画のこれまでの歩みを考える今回の特集上映。
今映画祭は、「コロナ禍で配給会社も映画館も大変でしょう。“困ったときはお互い様”」と言って、最新作の上映を申し出てくれたソンタルジャ監督、未公開作の上映を快く許可してくれたペマ・ツェテン監督の協力のもと開催の運びとなりました。 本特集上映は、岩波ホールの後、主要都市を巡回上映の予定。

◆トークイベント(各回 30 分程度)
3/13(土)10:00~『ラモとガベ(原題)』上映後 ソンタルジャ監督ティーチイン
3/13(土)16:00~『オールド・ドッグ』上映後 星泉さん(チベット語研究者)トークショー
3/20(土)13:00~『草原の河』上映後 松尾みゆきさん(字幕翻訳者、映画プロデューサー)トークショー

広告の後にも続きます

上映作品

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル