top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

どこに差が…?男性に「好かれるLINE」と「嫌がられるLINE」の違い

カナウ

気になる男性とLINEをする際には、嫌がれてしまうようなことがないように注意が必要です。

そのためにも、男性がどういったLINEに好感を抱くのかは、きちんと知っておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は、男性に「好かれるLINE」と「嫌がられるLINE」の違いについて紹介します。

「一方的」ではない

「ずーっと話を聞かされるだけのLINEは本当に無理。しかも、大抵の場合、面白くもなんともない話であるケースが多いですからね…」(20代・男性・飲食)
自分がどれだけ楽しくても、相手が楽しくないと感じていたら、そのLINEのやり取りは独りよがりのものでしかありません。
だからこそ、「話す」と「聞く」のバランスをしっかりと考えて、一方的にならないようにすることが何よりも大切。
お互いにそれぞれ色々と話せたら、お互いに満足感が得られるので、間違いなく楽しいLINEになるでしょう。

無駄に「長引かせない」

「長くならずに早めに終わらせてくれると、苦痛に感じることはなくなります。言いたいことだけ言って、それで終わるような流れがいいですよね」(30代・男性・自営業)
男性がLINEをしていてもっとも苦痛に感じるのは、ダラダラといつまでも終わらないこと。
好きな男性とはたくさん話したいという気持ちがあったとしても、止めどきはきちんと意識をするべきです。
いいところで切り上げたほうが、会話が盛り上がった印象を残せるので、次にもつながりやすくなりますよ。

「状況」を考える

広告の後にも続きます

「ちゃんとこっちの状況を考えたうえでLINEをしてきてくれる女性には、ものすごく好感を持ちます。それってめちゃくちゃ大事なことですからね」(30代・男性・不動産)
気になる男性にLINEを送るときには、まずは相手の置かれている状況を考えることが大事です。
仕事中ではないか、忙しい時期ではないか、プライベートが大変なときではないかなど、ちゃんと気遣いができると、自己中心的なLINEにはならないはず。
忙しいときに送る場合でも、「お疲れさま。無理しないでね」といったひと言を添えてあげれば、男性もそこまで嫌な気持ちにはならないでしょう。

「しつこく」はしない

「断ってもしつこく何度も誘ってくる子には、恐怖しか感じなくなる。下手に関わったらヤバい気がするので、スルーすることも多いですね」(20代・男性・音楽関係)
しつこいLINEに対して、いい印象を抱く男性なんているはずがありません。
特に、「なんで返事してくれないの」などと、しつこく返信の催促をするのは、男性から一番嫌われる行為。
追えば追うほど男性は逃げていくものなので、気長に返信を待つくらいの姿勢でいないと、男性の中でどんどんあなたのイメージは悪くなる一方ですよ。

さいごに

結局は、自分の思いばかりを突っ走らせるのか、相手のことを思いやれるのかが、好かれるか嫌がられるかの大きな分かれ目になります。
相手の気持ちを優先して考えるようにすれば、あなた自身にも好感を抱いてもらえるようになりますよ。
(山田周平/ライター)


The post first appeared on .

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル