松坂大輔と和田毅の初の投げ合い【2004年4月16日】
松坂大輔と和田毅の初の投げ合い【2004年4月16日】
左は捕手の細川亨 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は

左は捕手の細川亨

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は4月16日だ。

 久々の一軍復帰登板の後、二軍調整中の中日・松坂大輔。そして開幕からいまだ登板のないソフトバンク・和田毅。現役NPBの同世代(いわゆる「松坂世代」)では屈指の実績を誇る2人だが、ともにいまはただ、必死にはい上がろういう思いだけだろう。

 2004年4月16日は、この2人が初めて一軍公式戦で対決をした日だ。高卒の松坂が6年目(西武時代)、大卒の和田は2年目で前年、14勝5敗で新人王となっている(当時はダイエー)。

 西武ドームでの試合は松坂の貫録勝ち。9日の近鉄戦(西武ドーム)に続く、1対0の完封勝利。2試合連続の1対0完封勝利は1996年、オリックスの星野伸之以来となる。

「和田君? やっぱり意識はありました。頭のいいピッチャーですね。球のキレで勝負するタイプ。参考になりました」と松坂。

 同年、2人はともにアテネ五輪代表となり、最終的な勝敗も同じ10勝6敗だったが、防御率では4.35の和田に対し、松坂は2.90で2年連続最優秀防御率に輝いている。

 果たして今季、この2人の投げ合いはあるのか。和田が交流戦に間に合わなければ、もう日本シリーズしかないのだが……。

写真=BBM
(更新日:2018年4月16日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME