top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

世界のアニメ映画祭が熱狂!たった一人で作った『Away』公開記念!ラトビアの文化や豆知識–映画市場に至るまで深く知るためのトークイベント開催!

cinefil

世界中のアニメーション映画祭を熱狂させた、ラトビア人新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディス(Gints Zilbalodis)が、3年半をかけて、たった一人で【製作・監督・編集・音楽】全てを作り上げた長編デビュー作、映画『Away』が12月11日(金)より絶賛公開中です。

©️2019 DREAM WELL STUDIO. All Rights Reserved.

本作は世界最高の権威と最大級の規模を誇るアニメーションの国際映画祭“アヌシー国際映画祭”において、2019年に新設された実験性・革新性のある長編作品を対象とする“コントルシャン”賞で、見事初代グランプリを受賞!これを皮切りに、世界中の国際映画祭を席巻し、2020年第92回アカデミー賞長編アニメーション部門の最終候補32作品に選ばれ、同年第47回アニー賞でも『アナと雪の女王2』(19)や『トイ・ストーリー4』(19)とともにベストミュージック部門にノミネートを果たしました。先日、ポーランドで行われた第13回ポズナン・アニメーター・フェスティバルでは、最優秀長編映画賞を受賞し、ついに世界の映画祭で【9冠】を達成!
日本以外にもフランスやポルトガルでの公開も決定し、世界での評価が更に高まっています!

この度、公開記念としてギンツ・ジルバロディス監督の故郷ラトビアを深く知るためのトークイベントを実施いたしました!

たった一人でギンツ・ジルバロディス監督が『Away』を3年かけて制作できた背景を知るべく
、今回、駐日ラトビア共和国大使館のエギヤ ・ エグリーテさんと関西日本ラトビア協会のダナ・ アンティポヴァさんと新宿武蔵野館を繋ぎ、リモートトークイベントを実施致しました!
来年は日本とラトビアの友好関係が100周年となることを踏まえ、ラトビアのクリエイター支援制度や映画制作についてなど貴重なお話が盛りだくさんのイベントとなりました。

広告の後にも続きます

<映画『Away』公開記念リモートトークイベント>

■日付:12月19日(土)
■場所:新宿武蔵野館
■登壇者(リモート出演):エギヤ ・ エグリーテさん(駐日ラトビア共和国大使館)、ダナ・ アンティポヴァさん(関西日本ラトビア協会 兼 通訳)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル