top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

上海蟹料理の種類は目下日本髄一!東京・日本橋「蟹王府」でラグジュアリーに上海蟹を味わう

80C[ハオチー]

中国料理の秋冬の風物詩として食卓を彩る上海蟹。その専門店となる「蟹王府(シェワンフ)」が2020年12月12日(土)、東京・日本橋にオープンした。

場所は「三井二号館」の1階。「マンダリン オリエンタル 東京」の裏手、日銀通りに面した東京の一等地に、約330㎡、90席の客席という贅沢な空間が広がる。

「蟹王府」外観(店舗提供)

同店は上海の南京東路を本店とする「成隆行蟹王府」の日本店。中国国内では上海に5店舗を構えており、以前より日本人観光客にも人気の上海蟹専門店として知られる。

同ブランドの海外出店は日本が初。訪れて実感したのは、上海蟹をはじめとする食材、料理はもちろん、各種ドリンク、立地、内装に至るまで、贅を尽くしたレストランを目指しているということだ。

蘇州の刺繍をあしらったラグジュアリーな個室

店内に入ってまず目に飛び込むのは、カウンターと一体化した、天井まであるコの字型のワインセラー。目線の高さにはグラン・クリュのワインがずらりと並び、関心のある方なら上から下まで眺めてしまうことだろう。

広告の後にも続きます

調度品も見事だ。個室の壁一面に施された蘭や菊の刺繍は、各部屋の名前にちなんだもの。これらは蘇州の刺繍作家に特注しており、額装された刺繍作品も随所に飾られている。

4室の個室はすべて連結可能。なかでもソファを備えた個室は、中国の接待に使われる場を彷彿とさせる。全体的に、クラシックな雰囲気の上海本店よりもラグジュアリーで、より上質なイメージだ。

個室「菊」。左側には、蘇州の刺繍作家に依頼したという壁一面の刺繍が。店内に飾られた、額装された刺繍も見事だ。

月曜と木曜の週二便!太湖の自社養殖場より空輸で日本へ

料理の要となる上海蟹は、江蘇省と浙江省にまたがる太湖の自社専用養殖場で育てられたもののみを使用している。

その養殖場は、蟹が十分に身体を動かせる十分な広さを保ち、湖底を砂状に整えているというこだわりよう。どういうことかというと、湖底に砂が溜まっていると蟹が歩きにくくなることから、運動量が増え、丈夫でたくましい蟹に育つのだとか。

上海蟹料理は通年提供。活けの鮮度が求められる蒸し蟹のみ、8月から翌3月くらいまでの提供となる。

配送は月曜日と木曜日の週二回、生きたまま航空便で空輸されており、雌は150g以上、雄は200g以上を厳選。季節によっては250g以上が揃い、ちょうど今の時期はパンパンに詰まった雄蟹が食べごろになる。なお、上海蟹を蒸し蟹として提供する時期は、夏から翌3月くらいまでと他店よりも長めだ。

上海蟹料理のラインナップは目下日本随一!

気になる上海蟹料理は、定番の蒸し蟹はもちろん、上海の本店で名物となっている王府蟹醤(日本店料理名:特製氷結蟹味噌)や、蟹王府冰霜蟹(蟹王府特製氷結蟹)清炒蟹粉(蟹肉炒め ポーピン添え)などに加えて、上海蟹料理の定番である豆腐の蟹肉煮込み(蟹黄豆腐)や、板春雨の蟹味噌煮込み(蟹膏銀皮)などよりどりみどり。

特製氷結蟹味噌(王府蟹醤:手前)は、̠̠̠マイナス40℃で氷結させた上海蟹の味噌を固めた同店名物の冷菜。食感は口溶けのよいアイスクリームのよう。 蟹肉炒め ポーピン添え(清炒蟹粉)。ポーピン、とあるのは薄餅のこと。クリスピーに焼かれた生地の中に、蟹味噌で炒めた蟹肉を詰めていただく。 まるでソフトクリームのような! 蟹は剥いてもらえます。もちろん、蒸したて熱々を自分で開き、バキッと割って熱々の味噌や蟹膏をすするのもよし。脚だけ剥くのをお願いするという手もアリ。 南蘇名物 夫婦蟹味噌ソースかけご飯(禿黄油撈飯)。上海蟹が内包する油と味噌、コクのある卵、まったりとした精巣、それらすべて混ざり合ったものをごはんの上へ。うう…(無言)。※写真はコースの1品。
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル