top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

GACKT、パクリ騒動を釈明。主張には疑問示す視聴者も

yutura

GACKT」(登録者数78万人)・「ローランド」(同72万人)がプロデュースしたアパレルブランドのデザインに“パクリ”が判明した件について、GACKTが声明を発表しました。

海外通販サイトのとある商品とデザイン酷似→パクリ疑惑

12月16日、ファッション通販サイトを手掛ける「株式会社dazzy」は、GACKTとローランドの「一流タッグ」による「G&Rプロジェクト」の発足を発表。
同日、2人に加え“一流を知る女性”としてディレクターに起用された「門りょう」(登録者41万人)が出席したプロジェクト発表会が開催され、公式オンラインストアで販売が開始されました。

ところがその直後から、SNS上では商品デザインが「パクリではないか」との指摘が続出。
ファンからは多くの失望や批判の声が寄せられ、公式ストアが閉鎖される事態となっていました。

企業は全額返金を表明。インフルエンサーたちの釈明相次ぐ

12月20日、株式会社dazzyはサイト上に「G&R商品 販売中止及び商品回収のお知らせ」を掲載。
デザインの模倣を認めた上で、販売中止と商品の回収、全額返金を表明しました。

プロデュースを引き受けたローランドはツイッターで「多大なる責任がある」としてファンに謝罪。同時にG&Rとの契約を解除したと報告しました。


同日、門りょうはインスタグラムのストーリーズを更新しました。
自身がこのプロジェクトに関わったのは、企業側から提案されたデザインに順位をつけただけで、パクリには寝耳に水だと主張。
この仕事を引き受けた経緯も

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル