top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

結婚も出産もしなくても、子供ができるとしたら―? 注目の川崎僚監督の初長編にしてタリン・ブラックナイツ映画祭出品作『Eggs 選ばれたい私たち』

cinefil

2018 年タリン・ブラックナイツ映画祭出品作品『Eggs 選ばれたい私たち』が 2021 年 2 月 26 日(金)よりテアトル新宿ほかにて公開することが決定いたしました。

結婚も出産もしなくても、子供ができるとしたら―?
産まなくても「母になりたい」と願い、彼女たちはこれからも生きていく

子どものいない夫婦に卵子を提供するエッグドナー(卵子提供者)に志願した独身主義者の純子。
そのドナー登録説明会で、偶然、従姉妹の葵に再会し、彼女がレズビアンで あることを知った。恋人に家を追い出された葵は、純子の家に転がり込み、2人の少し奇妙な共同生活が始まった。エッグドナーに選ばれれば、ハワイやマレーシアなどの海外で卵子を摘出し、謝礼金がもらえる。選ぶのは、子供を希望する夫婦。そして、エッグドナーには 30 歳までという年齢制限がある。わずか数カ月で 30 歳を迎える純子は、それでもドナー登録をすることに決めた。純子と葵は、どちらが選ばれるかという期待と不安を感じながらも、いつしか「遺伝子上の母になりたい」という同じ目的に向かって<選ばれる>為に、新たな生活を始めようとするのだった―。

©「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

監督は、オムニバス映画『SEASONS OF WOMAN』が池袋シネマ・ロサにて 12 月19 日(金)より公開になるほか、文化庁委託業務「ndjc2019:若手映画監督育成プロジェクト」にて 35m フィルムにて撮影された短編映画『あなたみたいに、なりたくない。』(2019/出演・阿部純子、小島聖 他)を制作するなど、いま活躍目覚ましい川崎僚。これが初長編となる本作では、自身の女性としての経験や体験を織り交ぜなら、結婚や出産を希望していない 30 歳目前の女性、そしてレズビアンの女性という対照的な2人の人物を通して、社会から求められる女性像と実像のずれに悩みながらも、それでも「母になりたい」と願う彼女たちを等身大に描いてみせた。
本作は、2018 年タリン・ブラックナイツ映画祭で日本映画唯一のコンペティション作品に選出。同年の招待上映作品「万引き家族」とともに、日本の社会問題を扱った話題作となった。

先般 11 月 16 日にマスコミ各紙で報じられたように、夫婦以外の第三者から卵子や精子の提供を受けて生まれた子どもの親子関係を民法の特例で定める生殖補助医療の関連法案を、野党 5 会派が国会に提出するなど、法整備の動きがようやく始まってきている。この社会状況の中で、何らかの事情で産めない、あるいは産まない選択をしたが、それでも母になることを希求する女性たちの切なる 想いを掬い取った本作に注目が集まります。

広告の後にも続きます

監督・脚本:川崎僚

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル