top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BBOY世界チャンピオン植木豪やBBBらが名を連ねる『世界最上級のダンス×テクノロジー集団』新始動

FINEPLAY

2020年12月 「CONDENSE」発足

 「CONDENSE」は、「パフォーマンス」「先端技術」「音楽」を融合させ「凝縮(CONDENSE)」された世界を創りだすテックダンスフュージョン集団。 「いつでも、どこでも、誰でも楽しめる社会、そこに境界線は存在しない。」をテーマに掲げプロジェクトを発足したというビッグニュースが舞い込んできた。

気になるメンバーは、 2011年ストリートダンス世界一を獲得したダンサー「Toyotaka」を中心とし、HIPHOPクリエイティブ集団「Beat Buddy Boi」、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオン「植木 豪」、フリースタイルバスケットボール世界チャンピオン「ZiNEZ a.k.a KAMIKAZE」など世界を舞台に活躍している業界トッププレイヤー達と、ビジュアルアーティスト兼プログラマーの松山周平率いる「THINK AND SENSE」、そして数々のアーティスト、パフォーマーへの楽曲提供を中心とした音楽クリエーターの「SNG」が融合。音楽を中心としたダンスパフォーマンスという枠を超えた世界を生み出していく。

「CONDENSE」では、シーズンごとにテーマを設け、凝縮(CONDENSE)された空間表現によって新たな価値観を創出。First Seasonのテーマは「Break the Bias」。これは、この世の中の様々な「Bias(偏見)」を多角的に表現し、さらには「Break(破壊)」していく様を、音楽・映像・アートを融合させたクリエーションで表現。同時に、最先端技術を使ったライブ配信も開催。

オリジナル楽曲の制作・配信及びPVの公開といった、音楽・映像クリエーションにも力を入れていくとのことで、業界トップランカー達が生み出す“多角的な表現”による“新しいダンスのカタチ”がどのように誕生するのか、筆者も非常にたのしみだ。彼らを長きに渡り応援してきたファンにとっても、とても嬉しいニュースなのでは・・?CONDENSEの中心人物であるToyotakaから特別にコメントをいただいたので最後までぜひ読んでいただきたい。

メンバー紹介

Toyotaka(トヨタカ)

広告の後にも続きます

HIPHOPクリエイティブ集団「Beat Buddy Boi」として2011年ストリートダンス世界一獲得を皮切りに国内海外問わず幅広く活動。ダンサーという枠にとどまらず、ヒューマンビートボクサーや演出家としての顔も持ち合わせ、マルチプレイヤーとしての地位を確立している。更に、植木豪やEXILE世界ともそれぞれタッグを組み、BBBとは違った才能を垣間見せている。

Toyotaka コメント

遂に”CONDENSE”を始動させることが出来ました!

2020年の大半を制作期間に費やし、2019年に開催した実験的イベント”JIKKEN”を飛躍的に進化させました。エンターテイメントを始めとしたあらゆる事柄がコロナ禍で大変な時代に、新たな表現方法で世の中に光を指していきます。

デジタルとフィジカルが混ざり合う世界、誰しもが楽しめる世界を目指して。

12月21日配信のデビュー曲、楽しみに待っていてください。これからの爆発的に拡大する“CONDENSE”の応援宜しくお願いします。

SHUN(シュン)

加藤ミリヤ「今夜はブギー・バックfeat. 清水翔太&SHUN」で世間を騒がせたまま、2013年、SHUNとしてメジャーデビュー。2015年にはHIPHOPクリエイティブ集団「Beat Buddy Boi」に加入し、グループとしてもメジャーデビューを果たす。アーティスト、トラックメーカー、俳優、デザイナーなどの顔を持ち、多種多様な活躍を見せている。

植木 豪(ウエキ ゴウ)

ボーカルダンスグループ「PaniCrew」のメインボーカル。1998年ブレイクダンス世界大会にて優勝。近年は、俳優・演出家としても活動。2014年に自身演出「WASABEATS」を旗揚げする。2018年演出作品『BREAK FREE』がEdinburgh Festival Fringe THE ASIAN ARTS AWARDのBest PerformanceAward受賞。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル