top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

川口春奈『麒麟がくる』での熱演は「眼で演技する」ことへのこだわり

SmartFLASH

 

 沢尻エリカ(34)の代役として、NHK大河ドラマの『麒麟がくる』で「帰蝶」を演じる川口春奈(25)の熱演ぶりが、NHK内でも高い評価を得ているという。ドラマの演出担当が、川口を抜擢した当時を、こう振り返る。

 

「すでに沢尻さんで何話分も撮影が済んでいたので、現場はパニックになりましたね。いちばん大変だったのは、季節が変わってしまったので、セットをもう一度考え直したり、組み直すことでした。

 

広告の後にも続きます

 

 撮影までに時間的な余裕がなかったため、代役はスケジュールのやりくりができる人が最優先でした。その点で川口さんは、直近のスケジュールを抑えられたことが大きかった。また、信長の正妻で “蝮の道三” の娘というキャラが立った役柄からも、彼女が最適という判断に至りました。

 

 しかも彼女は、目力が素晴らしいし、所作などの飲み込みも早いんです。正式な決定前から、自主的に乗馬の練習をしていたそうですよ。ちなみに、最近の女優さんは小顔の方が多いのですが、彼女はそうじゃない(笑)。でもそれは、時代劇では画面映えするということなんです」

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル