top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

夜の葉~映画をめぐる雑感~ #13『ハッピー・オールド・イヤー』とミランダ・ジュライ『あなたを選んでくれるもの』

cinefil

人はみんな自分の人生をふるいにかけて、愛情と優しさを注ぐ先を定める。そしてそれは美しい、素敵なことなのだ。でも独りだろうと二人だろうと、わたしたちが残酷なまでに多種多様な、回りつづける万華鏡に嵌めこまれたピースであることに変わりはなく、それは最後の最後の瞬間までずっと続いていく。きっとわたしは一時間のうちに何度でもそのことを忘れ、思い出し、また忘れ、また思い出すのだろう。思い出すたびにそれは一つの小さな奇跡で、忘れることもまた同じくらい重要だ――だってわたしはわたしの物語を信じていかなければならないのだから。

(ミランダ・ジュライ『あなたを選んでくれるもの』より)

人生がときめくのは片づけの魔法だけとはかぎらない

「ときめいていないモノは捨てましょう」と説く近藤麻理恵(こんまり)を見つめながら、「俺にはすべてがときめいて見える」と苦笑まじりにジェーは話す。本作の主人公ジーン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)の兄である彼は、ネットで自作の服を販売して生計を立てているようだが、言葉少なにいつも家の中をうろうろとランニング姿で歩き回るその様子からは、どうみてもお洒落やときめきとは縁遠い感じだ。しかしだからこそ、そんな彼が身の回りの品々一つひとつにまつわる思い出を愛着をこめて語る様は、可笑しみとともにある種の親密さを醸している。何に対して人がときめきを感じるのかは時代の流行りや廃りとは無関係だ。それが意外であればあるほど、そこには何よりも雄弁にその人となりが現れている。ものには関わってきた人々のさまざまな思いが染みつき、その人の歩んできた時間が流れている。ときめきとはあるものを介して、そのような過ぎ去っていった時間がいまここの時間として、再び輝きを放つ瞬間をいうのかもしれない。

であるならば、ジーンにとっては、古いものや思い出で溢れかえった自宅を簡素でモダンなデザイン事務所にリフォームすることがときめきであり、別れた彼女の父に未練を残す母(アパシリ・チャンタラッサミー)にとっては、忘れ形見のようなグランドピアノとともにいることがときめきで、ジーンの元彼であるサニー(サニー・スワンメーターノン)にとってそれは、自分を捨てた相手が着ていたTシャツを手元にとっておくことだった。ものを捨てる人間と、とっておく人間。「断捨離」と呪文のように唱えてものを捨てたとしても、そこに刻まれていた記憶はふとした瞬間に表に出てくる。だからこそ、過去と記憶を背負っていまここを生きる瞬間の輝きは万華鏡のように千差万別で、その人がどのようにものと対峙しているかによって、ときめきの光は無限に屈折の度合いを変えていく。

広告の後にも続きます

(c) 2019 GDH 559 Co., Ltd.

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル