top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

変態紳士”こと俳優の髙嶋政宏とドラァグクイーンのヴィヴィアン佐藤がインモラルトーク。髙嶋「僕はこの映画に救われた!」「これぞフェティッシュ映画!」と『ブレスレス』を大絶賛!

cinefil

2019 年カンヌ国際映画祭監督週間で上映され注目を浴びた、フィンランド映画『ブレスレス』が現在絶賛公開中!

©Helsinki-filmi Oy 2019

その公開を記念したトークショーが 12 月 12 日、東京のヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、“変態紳士”こと俳優の髙嶋政宏とドラァグクイーンのヴィヴ ィアン佐藤がインモラルトークを展開。

妻を不慮の事故で失い、死んだように毎日を送っている外科医のユハ。救いを求めたのは、ふと迷い込んだ SM クラブだった。そこでユハは若き SM の女王モナとの窒息プレイで、亡き妻と再会する…。
著書『変態紳士』で SM への深い造詣を披露し、現在緊縛初級コースを受講中という髙嶋は「これぞフェティッシュ映画!演出と芝居が実に緻密。SM ルームでいきなりプレイが始まるけれど、それがリアルで自然」と大絶賛で「出演者でもないのにこうやってトークイベントをさせていただけるのは光栄です」と喜色満面。新型コロナウイルスは変態界にも打撃を与えているようで「自由に SM プレイができない中で、僕はこの映画に救われた。すぐに歌舞伎町の仲間に観るように連絡する!」と応援団を買って出ていた。

粘液好きという髙嶋自身は、新宿歌舞伎町にある SM バーでマミープレイにハマっているという。「業務用のサランラップで口が開けない状態で顔をグルグル巻きにしてもらって舐め上げてもらうのがいい。その店にはマイ・サランラップがキープしてあります。コロナになる前だったら入店 10 分でグルグル巻きでした」と具体的な内容を嬉々として解説。 コロナ禍で日常生活でもマスクを着用する日々が続くが「マスクをしながら緊縛されている女性の喘ぎ声がくぐもって聞こえたとき、マスクっていいなぁと思った」と マスクの新たな可能性を発見。好きな緊縛の話題になると「椅子に座っている目線の高さで女性を胸縛りしてブラブラさせるのが好き」と明かした。髙嶋曰くフェチズムとは「この映画と一緒です。気に入るか気に入らないか。興奮するか興奮しないか。フェチとはそういうもの」と凛々しく断言していた。

広告の後にも続きます

髙嶋政宏

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル