top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ビートたけしに長女・北野井子が渡した「親子絶縁状」の存在

女性自身

「また懲りずに来たんですか?本当に私はわからないから、ごめんなさい」

本誌記者に苦笑しながらこう答えたのはビートたけし(71)の妻・幹子夫人(66)だ。

たけしは3月末で「オフィス北野」を退社。現在同棲中の不倫相手・A子さん(53)と起ち上げた新会社「T.Nゴン」に移籍したことが、世間を騒がせてきた。前々号でも本誌は幹子夫人を直撃。そのときは般若の形相で取材拒否だったが――。

「今回は、ものすごく怒っているとか書かないでよ。(前回の)女性自身の記事を読んだ人から、『ものすごい怖い人に書かれてるよ!』って言われているのよ(笑)」

広告の後にも続きます

夫をめぐる騒動が緊迫するなか、幹子夫人は豪快に笑って見せたのだった――。

今回たけしの変貌にもっともショックを受けているのは、たけしの長女・北野井子(35)だという。井子は04年に調理師の男性と結婚し長女をもうけたが、離婚。現在、井子の娘はたけしと養子縁組している。

「A子さんにのめりこんでいくたけしさんを、井子さんは『気持ち悪い』『顔も見たくない』と拒絶するようになりました。たけしさんの長男が再婚したときも、結婚式にたけしさんは呼ばれなかったと聞いています。井子さんは最終的に“絶縁状”を父親に手渡したそうです。幹子夫人と井子さんは一枚岩ですから、2人の思いは同じでしょう」(たけしの知人)

昨年秋、テレビ番組でたけしが“生前贈与”について話したことが話題になった。

「自慢じゃないけど、(財産は)全部(妻に)あげちゃったよ」

もしかして、あれは“絶縁”への手切れ金だったのか――。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル