TPDの派生ユニット・ぐーちょきぱーの初ワンマンライブ大盛況!
TPDの派生ユニット・ぐーちょきぱーの初ワンマンライブ大盛況!
ぐーちょきぱー 同日に1stデジタルアルバムをリリース!東京パフォーマンスドール(通称TPD)の派生ユニット・ぐーちょきぱーが、4月8日、青山RiZM(東京都)にて初のワンマンライブ「ろっく・ぺーぱー・シーザーサラダ 〜クルトンを添えて〜 supported by まけんグミ」を開催し、ライブにトーク(利きグミ)にお楽しみ映像に、バラエティに富んだユニークな内容で大盛況となった。
楽しい・可愛い・面白いをモットーに活動するぐーちょきぱー。オープニングでは、メンバーの神ぐー沙紀、櫻井ちょ季、飯田ぱくら子が、青山一丁目駅から会場に来るまでの自撮り映像を公開。スタートからぐーちょきぱーのオリジナル性が見えた展開で、会場に詰めかけたファンは早くもほっこりモードに。そしてライブ本編が始まり、誰もが一度は聴いたことのある「ぐーちょきぱーでなにつくろう」や、カワムラユキとぐーちょきぱーで共作詞した「ぐーちょきぱーの野望」を披露。瞬く間に、オーディエンスの熱気もあがる。そして、可愛さと元気さ満開のチアガール風ロックナンバー「BIRI BIRI GIRL」、同世代の女の子の気持ちをハートフルに歌った「世界はわたし中心に回ってる」と立て続けに新曲を初披露。

中盤では、杉本屋製菓まけんグミの公式アンバサダーを務めるぐーちょきぱーが、まけんグミの製造工場を訪問したVTRが流れ、しっかりまけんグミをPR。その流れで自身とまけんグミがコラボレーションして販売している「まけんグミハジケソーダ味」を目隠しして味覚だけで当てれるかの“利きグミ”対決を行ったりし、会場を笑いの渦に巻き込んだ。後半戦では、SUPER J-POPユニット・ONIGAWARAが楽曲提供したアッパーなファンクチューン「HENACHOKO-DaNCE」を初披露、そしてタイチマスター作曲の「DIGってくれてありがとう」でフロアを心地良く揺らす。また、文化服飾学院とコラボして制作したオシャレと可愛さがつまったカラフルな新衣装が、エレクトロポップナンバー「COSMIC PALETTE」の世界観とやけに合い、異空間に連れて行ってくれるような感覚に陥る。ラストナンバーは、とにかくライブで盛り上がる「ハジケソーダ!」を投下し、会場のボルテージは最高潮となった!

MCで神ぐー沙紀は「今日のために3人で力を合わせて今日までやってきて、それをみなさんに見てもらえて本当に嬉しいです。」、飯田ぱくら子は「それくらい想いが強いんですよ。気持ち込めて今日やりました。もうひとつのグループ(TPD)の活動では、あまり真ん中に立ってやることがないので、すごい緊張しました。」いろんな想いが溢れかえってきたのか、感極まって涙し始めた。櫻井ちょ季は「振付師さんも含めて、いろんなスタッフさんからぐーちょきぱーは愛されているなと感じています。今日こうやってライブができるのもみなさんの支えがあってのことです。」と感謝の気持ちを伝え、幕は閉じた。

そんなぐーちょきぱーの初ワンマンライブを記念して、ライブで披露した全10曲入りの1st DIGITAL ALBUM「ぐーちょきぱー」が同日に各音楽配信サイトにてリリースされた。女の子の楽しさや可愛さ、面白さがふんだんに詰め込まれたアルバムとあって、聴く人のライフスタイルに華を添えてくれるような1枚になりそうだ。ぜひともチェックしてほしい。

<セットリスト>
ぐーちょきぱーの襲来(VTR)
1. ぐーちょきぱーのテーマ
2. ぐーちょきぱーでなにつくろう
3. ぐーちょきぱーの野望
4. BIRI BIRI GIRL
5. 世界はわたし中心に回ってる

ぐーちょきぱーの工場見学~杉本屋製菓の巻~(VTR)
ぐーちょきぱーのチャレンジ~ききグミの巻~

6. HENACHOKO-DaNCE
7. DIGってくれてありがとう
8. COSMIC PALETTE
9. ハジケソーダ!

EN1. ぐーちょきぱーでなにつくろう
EN2. クレイジーコースター
WEN1. ハジケソーダ!
ろっく・ぺーぱー・シーザーサラダ~今日は1日ありがとう~(VTR)
(更新日:2018年4月15日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME