top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

34年の時を経て、蘇る『夢みるように眠りたい』–そして、同じく最新作『BOLT』を発表の林海象監督×佐野史郎インタビュー

cinefil

映画『BOLT』『夢みるように眠りたい』林海象監督×佐野史郎インタビュー

左より林海象、佐野史郎

第22回上海国際映画祭ほか世界を震撼させた林海象監督7年ぶりの最新作、盟友・永瀬正敏さん、佐野史郎さんほか出演による映画『BOLT』が12月11日より全国公開されます。
さらには林海象監督・佐野史郎さんの劇場デビュー作『夢みるように眠りたい』も34年ぶりに12月19日よりデジタルリマスター版となってスクリーンによみがえります。類まれなる感性から第一線で活躍を続ける林海象監督と佐野史郎さんに、両作品への思いや撮影時のエピソードを伺いました。

――本作は3つのエピソードで構成されています。その理由をお聞かせください。

林海象(以下、林): 初めからそうしようとしたわけではないんです。まずエピソード3の『GOOD YEAR』を1つの短編として2014~2015年にかけて製作しました。当時は東北芸術工科大学に教員として呼ばれて、学生と一緒に何か作ってくださいと言われた。『LIFE』『BOLT』のことは想定していませんでした。その後に主演の永瀬(正敏)さんともお話して、原発をテーマに短編を続けて何か作れるのではないかと。そこから『LIFE』の企画が立ち上がり、福島の20キロ圏内に三回入りました。そこで実際に何が起きているのか知ったことは大きかったですよね。そして2017年に『LIFE』を撮り終える頃に、美術家のヤノベケンジさんから「(高松市美術館での)展示会でセットを組むから撮らないか」とお話をいただきました。あれだけの原子炉のセットはコストがすごくかかるものだけどヤノベさんがすべて作ってくださると(※1https://cinefil.tokyo/_ct/16965349)。そこで短編を3つ合わせて1つの映画にできるのではないかと思いました。それらが期せずして震災から10年のタイミングで劇場公開となった。導かれたというのか、不思議な映画ですよね。

――それぞれの短編がSF、リアリティショー、怪談というような異なる色合いで撮られています。多様なジャンルを駆使したのはなぜですか。

広告の後にも続きます

林:映画はやはりエンターテイメントだと思っています。根底には実際に起きた出来事や原発の問題がありますが、3つの短編が暗示しているものをファンタジーとして観客に届けたかった。今人類が持っている閉塞感のようなものを色々なパターンの中で見せて、想像を膨らませてもらいたかった。そういう想いがありました。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル