top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

実写で「埼玉狩りだー!」 埼玉ディス漫画『翔んで埼玉』が映画化へ!W主演のGACKTは18歳の高校生役&二階堂ふみは男性役

SPICE

魔夜峰央(まやみねお)原作のコミック『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)が、二階堂ふみ・GACKTのW主演で実写映画化されることが決定した。映画の公開は、2019年を予定している。

『翔んで埼玉』は『パタリロ』などで知られる漫画家・魔夜峰央氏が1982年に発表した作品。2015年に『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)として30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、テレビ番組、SNS、インターネットなどのメディアで多数取り上げられ、反響を呼んだ漫画だ。

魔夜氏が作品発表当時に埼玉県所沢市に住んでいたことから、埼玉を題材にし、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」といった、“埼玉県ディス”なセリフを多数配置。一方で、東京に虐げられる埼玉が立ち上がるという、魔夜氏独特の筆致で“埼玉県民の心の声”を描きだしている。

プロデューサーの若松央樹氏は、2015年に書店に平積みされていた『翔んで埼玉』を見て興味を持ち、「ディスられても笑いに変えられる程、地方が成長しているからではないか」との仮説から、「地方をもっと応援できるような、それでいて、都会に住んでいる人も楽しめる、そんな作品を作りたい」と映画化に向けて動き始めたという。『翔んで埼玉』は未完の作品のため、何度かタッグを組んでいる武内英樹監督(『テルマエ・ロマエ』など)とともに、脚本家も交えてオリジナルの展開を模索。大都会東京から虐げられた埼玉が、自由を求めて徒党を組み戦うという原作の設定に、新たに“千葉”という対抗組織も用意して映画化している。


麻実麗




GACKT



東京都知事の息子であり、白鵬堂学院の生徒会長=エリートとして華々しく学生生活を送る、壇ノ浦百美(だんのうらももみ) を演じるのは二階堂ふみ。初期キャスティングの段階では、百美は女性のキャラクターに変更される案も挙がったというが、脚本を読んだ二階堂本人からの提案があったことで、原作の通り、“名前と外見が女性っぽいのに、実は男性”という設定のまま実写化が進められることになったという。


壇ノ浦百美



広告の後にも続きます


二階堂ふみ



そして、二階堂演じる百美が淡い恋心を抱く、容姿端麗でアメリカ帰り、埼玉県出身の転校生・麻実麗(あさみれい)を演じるのは、GACKT。18歳の男子高校生の役柄ながら、原作者も交えたキャスティング会議で満場一致で決定した配役とのこと。二階堂とGACKTは、バラエティ等での共演はあったものの、本作が演技をともにするのは初。

なお、同作は3月21日にクランクイン。埼玉を始めとした関東各地で撮影中で、公開は2019年になる予定だ。

原作者の魔夜峰央氏、武内英樹監督、二階堂ふみ、GACKTからのコメントは以下のとおり。

 

魔夜峰央(著者)

30年前の作品です。

当時私は埼玉県所沢市に在住しておりまして、抜けるような青い空と一面緑のネギ畑に囲まれて、牧歌的ながら、本当は東京へ行くはずだったのになぁ……と思いながらなんとなく悶々としていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル