【プロ野球仰天伝説105】自信を持って投げた球を見送られ「振らんかボケ」と怒鳴った下柳剛【怒れる男たち】

【プロ野球仰天伝説105】自信を持って投げた球を見送られ「振らんかボケ」と怒鳴った下柳剛【怒れる男たち】
長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面
長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。

実は演技もあった



阪神・下柳剛

 カッカしながらも心の中は冷静。左腕・下柳剛(阪神ほか)には、そういう二面性があった。

 2007年10月1日の横浜戦(横浜スタジアム)のときもそうだ。まず、遊撃手の秀太に球が飛んだが、はじいてエラー。下柳はヒザをついたままグラブを叩きつけた。さらに次の打球もショートに飛んだが、大事にいきすぎてセカンドしかアウトにできず。次の瞬間、下柳は怒声をあげてグラブを思い切り叩きつけた。

 下柳のブチ切れ事件として有名だが、実は演技もあった。

「チームに緩みを感じていたんで、あえてやったんですよ」(下柳)

 とはいえ、マウンド上の下柳のテンションはいつも高い。納得のいく配球で追い込み、最後、これしかないという最高のフォークを投げながら中日・森野将彦に見送られた際、思わず「振らんかボケ!」と怒鳴ったこともあった。

写真=BBM
更新日:2018年4月11日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME