top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マツコ・デラックス貧乏時代のあだ名は「ボリショイ」

SmartFLASH

 

 タレントのマツコ・デラックスが、3月25日放送の『おしゃれイズム 春の1時間SP』(日本テレビ系)で過去の意外なあだ名を明かした。

 

 マツコは自分の貧乏時代を振り返り、「いよいよ生活費がなくなって、家にあるCDやビデオを全部売りに行って。リュックサックで自転車で真っ黒な服を着て行ったら、クマに見えたみたいで……オカマの友だちに目撃されて、『ボリショイ』ってあだ名が付いた」と明かした。

 

広告の後にも続きます

 うつむき加減で自転車に乗る姿が「ボリショイサーカス」の自転車に乗るクマのように見えたようだ。 

 

 大ブレイクする前はさまざまな職業を経験しているマツコ。2002年発売の著書『アタシがマツコ・デラックス!』では、美容学校を卒業後、美容師、パン工場、ガテン系などの職を転々としていたことを明かしている。

 

 その後、ゲイ雑誌の編集者として約5年勤務したが、ひきもりになっていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル