top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

iid|ゲーム

2018年4月下旬には『スプラトゥーン2』のVer.3.0が配信予定です。タコが主役の新たなヒーローモードや新ギアに新ステージと楽しみなものはたくさん。でも気になるのは、新たな「ウデマエX」でしょう。

ウデマエXが登場するまでに、ウデマエをS+、あるいはS+10にしたいという方もけっこう多いはず。そのためには今輝いているブキを使ってみましょう。もちろんステージやルールによって使い分けるのも大事なので忘れずに。

■関連記事
【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条
https://www.inside-games.jp/article/2017/07/24/108734.html
【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集
https://www.inside-games.jp/article/2017/07/25/108743.html
【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術
https://www.inside-games.jp/article/2017/07/26/108763.html
【特集】『スプラトゥーン2』の「イカリング2」使ってる?
https://www.inside-games.jp/article/2017/08/03/108947.html
【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選
https://www.inside-games.jp/article/2017/08/11/109107.html
【特集】『スプラトゥーン2』イカしたコーデで勝利を掴め!注目ギアパワー10選
https://www.inside-games.jp/article/2017/08/16/109180.html
【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?
https://www.inside-games.jp/article/2017/08/31/109447.html
【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”第二弾!
https://www.inside-games.jp/article/2017/09/27/110013.html
『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!
https://www.inside-games.jp/article/2017/12/30/111950.html
『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その2!
https://www.inside-games.jp/article/2017/12/31/111958.html
今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/01/02/111987.html
『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選!
https://www.inside-games.jp/article/2018/01/16/112169.html
『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法
https://www.inside-games.jp/article/2018/01/18/112231.html
『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/01/19/112263.html
『スプラトゥーン2』かわいいクラゲくん10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/02/13/112721.html
『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/02/21/112902.html
『スプラトゥーン2』Ver.2.3.0の注目ブキ10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/02/28/113060.html

◆スプラローラー
前衛ブキならばスプラローラーはかなり優秀でしょう。カーリングボムで切り込むことが得意で、メインウェポンをきちんと当てることができれば一撃で倒せます。現在はポイントセンサーを使うプレイヤーもそこまで多くないので、イカニンジャで近づきやすいというところもポイント。

ただし、塗りはそこまで得意でないところと、やたらとやられてしまうと味方の負担になってしまうところは要注意。暴れまわれるのであればガチエリア、確実に相手を抑えることができるのならばガチホコなどで有利に立てます。

◆スプラシューターコラボ
一時期はちょっと人気が落ちていましたが、スプラシューターコラボも最近は割と人気があるようです。もともとメインウェポンはかなりの強さですし、スプラッシュボムもかなり使いやすい。スペシャル必要ポイントが210になったおかげでだいぶ使いやすくなりました。

スプラシューターコラボだと高台の相手に動きづらい場面もありますが、ジェットパックはそういうステージならば大活躍すること間違いなし。ただし、チャージャーやブラスターに撃ち落とされないように注意が必要です。

◆ホットブラスター
悪く言えば「相手を倒すことしか脳がないブキ」ですが、それでもホットブラスターはよいブキです。復活時間短縮のギアパワーをつけつつヤグラに乗り近寄る敵を排除、イカニンジャで暗殺者の如き活躍……。性能は申し分ありません。

ただし、塗るのに隙が大きいので味方を頼らざるを得ない場面があるのも事実。そしてスプラローラーと同じで、相手を倒せないと置物になってしまう、つまり相手によりうまいホットブラスター使いがいると苦労する場面もあります。

◆N-ZAP85
逆に、塗れて強いブキといえばN-ZAP85でしょう。ナワバリバトルで複数のN-ZAP85がいればインクアーマーが何度も発動されて厄介なのなんの。そもそもこのブキ自体もそこそこ戦えるブキなので、舐めることもできません。

キューバンボムがあるのでヤグラを止めることもでき、万能的でもあるので味方のブキ構成を見て前衛になるもよしサポートに回るもよし。ただしスペシャル必要ポイントはかなり高めなので、死にまくらないように気をつけましょう。

◆プライムシューターコラボ
バブルランチャーは以前のアップデートでかなり割れやすくなってしまいましたが、それでも現在の環境だとだいぶ使いやすいスペシャルウェポンです。そのバブルランチャー持ちの中でもイチオシなのがプライムシューターコラボでしょう。

メインウェポンはインク効率こそイマイチなものの相手を倒しやすく、キューバンボムは汎用性が高くなっています。ただし、ステージをやや選ぶところがあるかも。

◆スプラマニューバーコラボ
現在はカーリングボムが強いため、相手に近づいて火力を出せるブキが輝きます。というわけで、スプラマニューバーコラボもなかなかの強さ。以前のアップデートでマニューバーが当てやすくなったのも大きいです。

スペシャルウェポンはジェットパックであるため、やはり相手が高台の上から防衛するようなステージではこれが輝きます。今まで使ったことのない人はスライドで苦労するかもしれないので、まずは試し打ち、慣れたらナワバリバトルで動きを学びましょう。

◆バケットスロッシャーデコ
現在ナワバリバトルやガチエリアでかなり注目されているブキはバケットスロッシャーデコでしょう。スロッシャー系はどれもメインウェポンがかなりの高性能。にも関わらず、このブキはスプリンクラーをもらえているのだからそりゃあ強いというわけです。

バケットスロッシャーは根本の攻撃判定が小さいため、相手に潜り込まれると本来であれば有利な相手にすら負けてしまう可能性があります。なるべく適正距離で戦い、どうしても近づかれる場面が多いようであれば根本当ての練習をするといいでしょう。なお、ギアパワーの自由度が高いところも魅力です。

◆ラピッドブラスター
ガチヤグラに乗ろうとしても爆裂が激しくて近寄れない……! そんなプレッシャーを相手に与えることができるのはラピッドブラスターでしょう。直撃ダメージはバカにできないほどの高威力であるため、相手を倒しやすいのも嬉しいところ。

ただしラピッドブラスターは受け身なブキである側面もあるので、もし自分からもっと切り込みたいという人にはラピッドブラスターデコがいいでしょう。使いこなすのは少し難しいですが、強さは保証します。

◆スパッタリー・ヒュー
近接戦ならばかなりの高火力を出せるスパッタリー・ヒューも忘れてはならないでしょう。ポイズンミストで相手の動きを止め、スライドして一気に倒す。あるいはアメフラシを投げてから敵陣に切り込むと相手は逃げずにいられません。

このブキも基本的には敵陣に切り込むことが仕事です。とはいえ塗れなくもないので、味方の状況によっては足場を確保するのを忘れないほうがいいでしょう。

◆バレルスピナー
発売当初から思っていましたが、バレルスピナーの構成はかなり恵まれています。塗りをサポートするスプリンクラーに、ヤグラやホコを止めるのにピッタリなハイパープレッサー。ショッツル鉱山のようなステージではその恐ろしさが存分に生きます。

メインウェポンも以前のアップデートで強くなったのでほとんど文句なし。敵を切り崩す高火力と味方をサポートできる視野の広さで勝利を掴み取りましょう。

(C)2017 Nintendo

TOPICS

ランキング

ジャンル