top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ミシュランガイド東京 2021』中華料理店 掲載店リスト

80C[ハオチー]

中華料理店の掲載は27店舗!

店選びのひとつの指標である『ミシュランガイド』。今年で14年目となる『ミシュランガイド東京 2021』は、2020年12月10日(木)の発売です。

セレクションが発表されたのは12月7日(月)14時~。今年はYouTubeによるリアルタイム配信で、例年より多くの方が目されたのではないでしょうか。

38種類の料理カテゴリーより選ばれたのは、446軒の飲食店・レストラン(宿泊施設34軒を加えると全480軒)。中華料理店の掲載は、2016年版は19店舗、2017年版は21店舗、2018~2020年版は26店舗でしたが、最新の2021年版は27店舗となりました。さっそく掲載店をご紹介していきましょう。

※()内は所在区/最寄り駅です。
※新たに加わった店はNEWマークをつけています。

[三つ星★★★]中華で初の三つ星!世界で130店舗の名誉に輝く

茶禅華(さぜんか)(港区/広尾)

広告の後にも続きます

三つ星の定義は「そのために旅行する価値のある卓越した料理」を出しているレストラン。なんと今年、日本初にして日本唯一の中華の三つ星が誕生しました。

「茶禅華」は〈和魂漢才〉が料理のコンセプト。吟味された食材を生かした旬のコース、アルコールや茶を用いたドリンクペアリング、広尾の一軒家という上質な空間およびロケーションと、三拍子揃ったファインダイニングです。

料理はもちろんのこと、最高のタイミングで、今ここで提供できるベストなおいしさを召し上がってほしい。そんな意思をも感じるスタッフのチームワークこそ、この店の強さであり魅力。訪れるたびに比類のないものだと感じます。

「茶禅華」の雲白肉(コースの一品)

ミシュランガイド・インターナショナルディレクターのグウェンダル・プレネック氏は、新三つ星の誕生について「世界のセレクション発表でも毎年起こることではありません。料理技術の高さ、卓越性、美食への情熱を備えており、新三つ星として発表できることを本当に嬉しく思います」とコメントを発表。

2020年はミシュランのみならず、NHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀』や『Asia’s 50 Best Restaurants』へ引き続きエントリーされるなど、より開かれた場でその名を見かけることとなった「茶禅華」。名実ともに、日本が誇る中国料理店のひとつであることは間違いありません。

[二つ星★★]は、存在せず!

二つ星の定義は「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」を出しているレストラン。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル