top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【レポート】舞台「HELI-X」開幕!

2.5news

2020年12月3日(木)東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて、舞台「HELI-X」が開幕を迎えた。
本作は、脚本:毛利亘宏×脚色・演出:西森英行による新プロジェクト「HELI-X」の、シリーズ1作目となる。

W主演を務めるのは、舞台・ドラマ「弱虫ペダル」、舞台「刀剣乱舞」、「テレビ演劇サクセス荘」など話題作に出演する玉城裕規と、劇団番町ボーイズ☆のメンバーであり、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」、「劇団シャイニングfromうたの☆プリンスさまっ♪『Pirates of the Frontier』」、舞台「紅葉鬼」などに出演している菊池修司。
共演者には、宇野結也、輝馬、後藤 大、立道梨緒奈、松田昇大、塩田康平、星元裕月、久世星佳、西岡德馬など、個性的なキャストが集合した。

また「HELI-X」は書籍化も決定し、今後コミカライズ化など様々なメディアミックス展開を予定。目が離せないシリーズ作品となっている。

本稿では、先日行われたゲネプロの様子を写真(掲載数40枚)と動画にてお届けする。

story

全世界を巻き込んだ第三次世界大戦。その結果、極東の島国「大和」は、「超大国ユナイト」の占領下となる。そして、訪れる占領下での平穏な時代が訪れる。
そんな中、遺伝子工学の進歩は、性別を自由に選択できる技術「TRANS」を生み出した。これにより、自分の意思により、完全に性別の変更が行える世界となった。しかし、「TRANS」を施術した者の中には、エラーとも呼べる特殊能力者を生み出すことがあった。人知を超えた様々な特殊能力。人はその者たちを「HELI-X」と呼んだ。

広告の後にも続きます

HELI-Xによる犯罪が社会問題となる中、大和自治軍の中に、HELI-X犯罪を専門に扱う「螺旋機関」が設立された。

ある日、自治軍の軍人・アガタ タカヨシ(演:菊池修司)は、螺旋機関に転属を命じられる。
転属先である螺旋機関は、司令官であるカンザキ(演:久世星佳)を筆頭に、元犯罪者のHELI-X、リュウジン(演:輝馬)、シデン(演:後藤 大)、ワカクサ(演:立道梨緒奈)、シュンスイ(演:松田昇大)らで構成されていた。

ただでさえ自治軍と螺旋機関は不仲だというのに、TRANSを受けたわけでもHELI-Xでもない、一般人であるアガタが配属されたことに違和感を持つ構成員たち。
アガタは“ある任務”を果たすため、螺旋機関の一員として行動を共にするのだった。

The post 【レポート】舞台「HELI-X」開幕! first appeared on 2.5news.

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル