top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

2週間で6kg減量に成功。太りにくい体に近づく【簡単ダイエット】のコツ

beauty news tokyo

きちんと食事を管理していくことがダイエットのポイントとなりますが、我慢も伴うからこそダイエット後も体型をキープしていけるように太りにくい体を目指していきたいもの。そこで参考にしたいのが、わずか2週間で6kgの減量に成功し、その後もずっと体型をキープしている韓国の女性デュオ「ダビチ」のカン・ミンギョンが実践した簡単ダイエット。彼女のダイエットの鍵になったのは「さつまいも」でした。

▶︎1ヶ月で体重4kg減。最短で「あと数kg」のダイエット目標に近づく秘訣2つ

「空腹を感じたらさつまいもを食べる」というシンプルダイエット

不溶性食物繊維が豊富に含まれる「さつまいも」は腹持ちが良い上に腸の動きを活発にしてくれる効果を期待でき、さらにカリウムも多く含んでいるのでむくみ解消にも効果を期待できるダイエット向きの食材の1つ。

ちなみに徹底して食事管理を行っていたダイエット開始2週間のカン・ミンギョンの食事内容が下記になります。

朝:さつまいも1個、低脂肪乳、鶏胸肉のサラダ、昼:さつまいも2個、リンゴ1個、夜:さつまいも1個、低脂肪乳、プチトマト

広告の後にも続きます

さつまいもは糖質を多く含むので、お米やパンといった主食と完全に置き換えたのがポイントです。とは言え、全体的に量は少なめ、間食も“さつまいものみ”という徹底具合だったそうで、並行してエクササイズやストレッチも積極的に実践し、見事に目標だったを6kiの減量を達成したと言います。つまり“さつまいも”を主食にするだけでなく、きちんと運動も合わせて行うことが”太りにくい体”を作る基本と言えそうです。

実際に彼女の献立を真似をして2週間徹底してさつまいも中心の食生活を送るのは専門家の指導がないと体調面でも不調をきたしてしまう恐れがあります。でも、誘惑に負けて「何もしないで過ごす」のではなく、食べ過ぎてしまった翌日のリセットのためにさつまいもを中心に献立を組んで軽い運動をするようにするなど、ぜひ上手に採り入れて体型キープやリバウンドしにくい体作りに役立てていきましょうね。

TOPICS

ジャンル