top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

市村正親、鹿賀丈史、市原隼人らが黒澤明作品のミュージカル化に思いを巡らせる!ミュージカル『生きる』製作発表

SPICE


2018年10月8日(月・祝)から東京・TBS赤坂ACTシアターにて、新作ミュージカル『生きる』が上演される。日本を代表する映画監督・黒澤明が1952年に発表した代表作をミュージカル化した本作の製作発表会見が、4月3日(火)都内にて行われ、W主演を務める市村正親、鹿賀丈史と、市原隼人、新納慎也、小西遼生、May'n、唯月ふうか、山西惇、作曲&編曲のジェイソン・ホーランドと演出の宮本亜門が、一般オーディエンスが見守るなか登壇した。

【あらすじ】
役所の市民課に30年勤める課長の渡辺勘治(市村・鹿賀/Wキャスト)は、まもなく定年を迎えようとする矢先に、当時は不治の病とされていた胃がんになり、余命わずかと知る。時間が残されていないことを知った渡辺は、これまでの人生を考えて苦悩し、一時はやけ気味で夜の街を歩き、知り合った小説家(新納・小西/Wキャスト)と遊びまわるが、心はむなしいばかり。そんな折に偶然街で出会った同僚女性(May'n、唯月/Wキャスト)から刺激を受け、自分の本来の仕事を見つめなおし、「生きる」ことの真の意味を考え、新しい人生を始める―。


製作発表冒頭では、劇中で歌われるオリジナルの3曲を、作曲を手掛けたジェイソン・ホーランドが弾くピアノのメロディに合わせ、新納、May's・唯月、小西の順で披露。最後に市村と鹿賀が映画版で渡辺勘治役の志村喬が歌った「ゴンドラの唄」を二人で情感たっぷりに歌い上げる。二人の背後にはブランコが設置されており、そこに雪が舞い落ちるという映画版を彷彿とさせる趣向もあり、心にやさしく染み込むような歌声に会場中から大きな拍手が沸き起こった。


ジェイソン・ホーランド



歌唱披露の後行われた会見では、ホーランドから順に挨拶がなされる。「私の父が黒澤作品の大ファンで、父がまだ学生だったとき、授業を抜け出して映画館で黒澤映画を観ていたそうです」と笑顔のホーランド。「本作には父と息子の関係性が描かれていますが、この関係性は世界共通であり、ときに複雑な問題を生み出すこともあります。と共に、自分自身の人生を振り返ったとき、どのような人生だったのか、と考える内容もすばらしいと感じました」と作品の魅力にも触れていた。

広告の後にも続きます


宮本亜門



演出を手掛ける宮本は「私は黒澤作品のファンなので、最初この話を聞いたときは驚きました。『黒澤作品をミュージカルにしていいんですか!?』と思ったくらいです。この『生きる』という作品は普遍的な話であり、今の時代でも人々の心に訴える力を持っています…今、舞台を作りながらそう実感しています」と顔を上気させる。また、先日宮本の父親ががんを患い手術することになった際「父が頑張るぞ!という姿を見せたとき、これこそが『生きる』なんだ、と実感しました」と力を込めた。


市村正親



市村は開口一番「皆さん知ってますか?私が胃がんだったということを。胃がんになってスポーツ新聞の一面記事となってから数年が経ちましたが、早期発見のおかげでこんなにピンピンしています」と明るく語る。「そんな俳優にこの役が来たのは、役者の神様の采配なのかなと思っています。こんな俳優がやる舞台なので絶対当たると思いますよ」と笑いを誘いつつ意気込みを見せた。


鹿賀丈史



一方の鹿賀は「この映画が日本でミュージカル化されるということに驚きました。人が生きるということを真正面からとらえているドラマは、他にはないんじゃないかと。ジェイソンの曲が入り、役者たちが動きだしたらきっとすばらしい舞台になるんじゃないかな。本番まで真摯に作り上げていきたいと思います」と静かに力を込めた。また、作品作りについて「映画で志村喬さんがどアップになったときのあの迫力を、舞台でどう体現するか、そこにはかなりのエネルギーが必要だと思っています。また『生きる』ための熱い思いを、他の舞台より何倍も熱くしていかないと表現しきれないかも」と今後じっくり作り上げていく必要について示唆していた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル