top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

都市対抗中継リポーター・羽村亜美さんの仕事にかける情熱とは?/JABA公式サポ・豊島わかなの熱視線!

週刊ベースボールONLINE

11月22日から12月3日までの12日間、東京ドームで開催される第91回都市対抗野球。週刊ベースボールONLINEでは、同大会にまつわるさまざまな情報や知られざる秘話を『JABA公式サポーター』が日替わりで発信していきます。本日は豊島わかなさんです。

社会人野球を盛り上げたい


 都市対抗野球大会の中継リポーターとして、社会人野球ファンから多くの支持を得ている、フリーアナウンサーの羽村亜美さん。過去には2010年から5年間、東北楽天ゴールデンイーグルスのリポーターを、ほぼ1人で72試合担当するなど、ベテランスポーツリポーターです。


都市対抗野球大会の中継リポーターの羽村亜美さん

 いつも明るく、社会人野球への愛が強い「姉御肌」な羽村さん。今大会も12日間の期間中、毎日中継リポートと勝利者インタビューを担当しています。羽村さんの野球への情熱。これは、どうやら大学時代が原点のようです。

「明治大学に進学して、野球部のマネジャーをしていましたが、人間関係に悩んで2年でマネジャーをやめました。このときの私は本当にボロボロで。心も体も病んでいた時期だったので、インターネットで『野球がない国』と検索して、一番に出てきたネパールに2カ月ほど行っていました」

 野球から離れたい一心でたどり着いた先のネパールでは、道具も何もない環境の中、見よう見まねで野球をする子どもたちの姿があったそうです。

「子どもたちを見ていたら、『ああ、私、こんなことでクヨクヨしてちゃダメだ』って思えて。すぐには無理でも、絶対に野球の世界に戻ってくるぞって心から思えたんです。この経験があったから、追い込まれた状態になっても頑張ることができるし、あのときのつらい経験はムダじゃなかったな、と今では思います」


試合中、リポートを入れる羽村さん

 例年は、予選や地方大会、オープン戦などにも足を運んでいた羽村さん。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で、リポートの柱となる現地取材ができない状況になってしまいました。

「だからこそ、これまでの積み重ねが生きています。都市対抗にかかわるようになって11年。今まで取材のたびに書いてきたノートを引っ張り出して、過去の情報などを交えながらリポートを入れています。われわれリポーターは、ただ単に選手の意気込みを伝えることが仕事ではなく、その背景に何があるのかを視聴者に伝えることが仕事です。都市対抗の場合はそこにプラスして選手の周りのことも伝えたいし、それができるのが都市対抗のリポートの面白さでもあります」


これまでの都市対抗野球大会の取材ノート

 第1試合のリポートを担当する日は、朝6時過ぎに家を出て、8時に東京ドーム入り。そこから選手に取材をしたいところですが、今年はチームへの直接の接触が禁止されているため、球場入りの様子や、グラウンドでのアップの様子を遠くから見て、ちょっとした動きや表情まで見逃さないようにしているそうです。

「ちょっとしたことがリポートにつながるので、一瞬でも見逃さないようにしています。勝利者インタビューをするときは、会話を一番大切にしています。かしこまった形ではなく、普段どおりの会話を楽しむように。ただ今年は、通常の勝利者インタビューとは違って距離を保ってやらなくてはならないので、球場全体を巻き込んで会話ができないところが難しいです。なので、いつも以上に、会話をする際に壁を作らないことを大切にしています」


新型コロナ感染拡大の影響で、今年は勝利者インタビューも選手と距離を取って行う

 社会人野球の認知度は、まだまだ低いです。そのため羽村さんは、リポートの仕事をしつつ、社会人野球界を盛り上げる活動もしていきたいと話します。

「今、『JABA Station』というYouTubeチャンネルで情報発信をしています。このYouTubeの中に、いろんなジャンルのコーナーを作りたいです。例えば公式サポーターさんのコーナーを作ったり、長年実況をされている方がシュールに応援歌を紹介するなど、バラエティ要素を含んだコーナーを作ったり。私も去年、試合前のチームの様子や勝利直後のバス内の様子を伝えましたが、これが多くの方から非常に好評でした。今後も試合では見ることができない選手たちの素顔を、たくさん伝えられたらいいな、と思っています」

 残り3日間となった都市対抗野球大会。羽村さんの愛情がこもった中継リポートにも、ぜひご注目ください。

公式サポーター日本野球連盟YouTubeチャンネル

PROFILE
豊島わかな(とよしま・わかな)
1986年12月14日生まれ。愛知県出身。2017年から日本野球連盟公式サポーターを務め、社会人野球の魅力を伝えている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル