top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ようこそ素顔の香港へ!横浜生麦「Maggie’s Kitchen(マギーズキッチン)」で秘密のショートトリップ

80C[ハオチー]

よく見ると、ごはんに載せるシソの実のように、惜しみなく金木犀の花が入っています。口に運ぶと、甘さは控えめで金木犀の香りが口いっぱいに。大満足のランチです。

ストリートフードの王様!咖喱魚蛋(カレーフィッシュボール)。

そんなこだわりの味を出すマギーさんですが、香港の味を知らない日本人が多いからか、食べてほしいと思っていた料理にあまり注文が入らず、開店当時のおすすめメニューで引っ込めてしまったものが多々あるとか。例えば牛ハチノス。牛モツの煮込みは香港や広東省でおやつやおつまみによく見かけますが、日本ではあまり見られません。

そんな中、メニューの中で静かな存在感を放っていたのがこちら。

香港カレーフィッシュボール。メニューの下の方に宝物はこっそりと。

「カレーフィッシュボールって知ってる?これも日本で作るのが大変で、時間かかったけどようやくできるようになったの。メニューの写真に載っている大根は、味がぶれるから入れたり入れなかったり。今日は屋台スタイルで串にしてみたわ」

口にすれば、そんな東洋・西洋・インドが混ざる香港のマルチエスニックを体現するかのような味わい。日本人や大陸の人がつくると、ちょっとさじ加減が違ってしまう、骨太なのに角の丸い雰囲気。それを日本の材料でさらりと再現されていて、食べながらちょっとした香港旅行になってきます。

手作りパンに手作り月餅。喫茶メニューを持ち帰って“家で香港”も!

広告の後にも続きます

さらには店内でパンを焼いているというのも驚きのひとつ。不定期ではありますが「3時くらいにパンを焼いているの」とマギーさんがオーブンから取り出したのは、ベーコンエピとウインナーを巻いたパン。これも日本でよく見るものとはちょっぴり表情が違って、どことなく軟らかそうなビジュアルです。

3時頃に焼き上がる手作りパン。提供は不定期なのでご留意ください。

「日本で香港の味を出すのは、調味料も混ぜて混ぜて大変。材料費高いけど、マーガリンは美味しくないからバターを使っているの」

また、冷蔵ケースには手作りのお菓子が入っており、お持ち帰りもOK。香港といえば頭に浮かぶマンゴープリンもちゃんとあります。レジ横には手作りの月餅も。

この日はチョコレートプリン、イチゴプリン、マンゴープリンのラインナップ。 甘さ控えめが嬉しい。

「よく混ぜて飲んでくださいね」と出されたコーヒーは、練乳が下に沈んだ香港スタイル。そうそう、この肩の力が抜けた味がほかの場所と違う、香港の風味なんだよなと思いながらいただきました。

スプーンで下の方をすくうと、練乳が。

雰囲気を味わう香港カフェではなく、味に相当なこだわりがある「Maggie’s Kitchen(マギーズキッチン)」。中華の醍醐味というべき大人数の会食に、大手を振って行きにくいこのご時世。二人くらいで香港旅行気分を味わえる、秘密の場所を見つけてしまいました。

Maggie’s Kitchen(マギーズキッチン)

住所:神奈川県横浜市鶴見区岸谷1-22-16(MAP)※京浜急行 生麦駅徒歩3分
TEL:045-710-0328
12:00~19:30(料理19:00L.O. ドリンク19:15L.O.)
日祝定休
ウェブサイト
twitter

text & photo:ぴーたん
ライフワークのアジア樹林文化の研究の一環として、台湾・中国・ベトナム・マレーシアを回って飲食文化も研究。10数年前の勤務先で、江西省井岡山に片道切符で送り込まれたことを機に、中国料理の魅力に目覚め、会社を辞めて北京に自費留学。帰国後もオーセンティックな中国料理を求めて、横浜をはじめ、アジア各国の華僑と美味しいものについて情報交換をしている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル