top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ようこそ素顔の香港へ!横浜生麦「Maggie’s Kitchen(マギーズキッチン)」で秘密のショートトリップ

80C[ハオチー]

横浜の生麦(なまむぎ)と聞いてピンとくる方はいらっしゃるでしょうか。恐らくは、歴史の教科書で見たことがあるか、キリンのビール工場見学か。その生麦駅の近くに、一見ちょっとしたカフェに見えて、本気の香港料理が楽しめる「Maggie’s Kitchen(マギーズキッチン)」があります。

欧文の看板。 店舗外観。

香港生まれのマダムが作る、手作りの母の味。

オーナーのマギーさんは、香港生まれのマダム。以前はアメリカに住んでいたそうで、生麦に店を開いたのは「2019年の6月ごろ」だそう。香港人の口にあう中華料理の店が日本になく、横浜中華街で唯一のお気に入りも閉店。自分で店を出した理由もそんなところにあるようです。

オーナーのマギーさん。

ここで楽しめるのは、香港の軽食や家庭料理。例えばランチで出てくるのはこんな料理。干炒牛河と例湯、金木犀のゼリーという組み合わせです。

干炒牛河。

干炒牛河は幅広のライスヌードル・河粉(ホーファン)を炒めたもので、広東省や香港で見られる料理。時代は清朝末期から民国初期、広州の沙河鎮(現在は天河という広州市の中心地)の「義和居」で生まれたと言われています。

現地では飲茶が楽しめる店をはじめ、家庭料理としても親しまれていますが、これが横浜中華街で食べられる店となると「楽園」か「菜香新館」、ときたま「南粤美食」といったところ。しかし、日本人はめったに注文しない料理とあって、注文してもたっぷり待たされる上、絶滅危惧種に近い存在かもしれません。

広告の後にも続きます

口にすると、しっかりした色合いとは裏腹に、薄味の中国南方テイスト。特筆しておきたいのは、皿に残る油がほとんどなかったことです。あっさりした炒めもので箸が進むということは、塩味に頼らず、うまみのボリュームが大きいからでしょう。その理由は、次にご紹介するスープにありそうです。

黄金色の油が輝く、フレッシュな鶏のスープに金木犀の香るゼリー。

中華好きであれば、一目見て「あっ」と思うであろう、黄色い鶏の脂が表面に輝く美しい鶏のスープ。

骨付きの鶏肉がゴロッと入って、しっかりと鶏の風味が浸み出ています。ひと口すすって「これはいったい?」と尋ねたところ、「朝8時に店に来て、3時間かけて仕込んでいる」というではないですか。これぞ香港人の魂ともいうべき母の味。スープを飲むと、これは気合いの入った本気のオーナーシェフ店だぞ…!と思わされます。

さらに、添えられた金木犀のゼリーも目を見張るものでした。現地の飲茶のメニューでも時折見かける一品ですが、一見して色が濃いではありませんか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル