top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新型コロナワクチン、従来型と「まったく異なる仕組み」でスピード認可

SmartFLASH

インドネシアのワクチン臨床試験(写真:AFP/アフロ)

 

 11月26日、東京都は、新型コロナウイルスの感染者が新たに481人報告されたことを発表した。気温の低下とともにやってきた新型コロナの第3波だが、ワクチンの開発は急ピッチで進んでいる。

 

 アメリカの製薬大手「ファイザー」は、20日にFDA(アメリカ食品医薬品局)に緊急使用の許可を申請。製薬会社「モデルナ」も、近く申請する方針だ。25日、アメリカのアザー保健福祉長官は、早ければ12月10日ごろにワクチンの供給が始まるとの見通しを示している。

広告の後にも続きます

 

 

 現在、各所で開発されているワクチンは、新型コロナウイルスの遺伝子を使っており、従来型と仕組みがまったく異なるのだという。いったいどういうことか、元WHO専門委員で、医学博士の左門新氏に聞いた。

 

「ワクチンは、大きく分けて『従来型』と『mRNA』の2種類あります。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル