top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

妻夫木聡演じるラブコメディ「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(2017)

エンタメウィーク(映画)

妻夫木聡演じるラブコメディ「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(2017)

解説

絶妙な細かいディテールが人気の渋谷直角によるサブカルマンガを、妻夫木聡&水原希子の共演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督により実写映画化。奥田民生を崇拝する雑誌編集者を主人公に、全編にわたって奥田民生の楽曲が使用されるラブコメディ。「力まないカッコいい大人」奥田民生に憧れる編集者コーロキが、おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動となった。仕事で出会ったファッションプレスの美女、天海あかりに一目ぼれしたコーロキは、あかりに見合う男になるべく、仕事に精を出し、デートにも必死になる。しかし、やることなすことすべてが空回り。あかりの自由すぎる言動に常に振り回され、コーロキは身も心もボロボロになってしまう。コーロキ役を妻夫木、あかり役を水原が演じるほか、松尾スズキ、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキーらが脇を固める。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

笑門亭 福さん ★★★★☆

漫画エッセイを映画化した本作。長いタイトルが映画の全てを物語っているというか(笑)、頑張らずに肩から力を抜いて生きている奥田民生のような生き様に憧れる主人公を妻夫木聡が、アパレルの美人プレスをモデルとしても活躍する水原希子が演じています。

本作は、この水原希子の七変化というか、ファッションを含め彼女のエロ可愛い仕草を堪能しまくる映画といっても過言ではない。とにかく、何をしていても可愛いんです。怒っていても可愛いし、わがまま言っても可愛い。正直、こんなスタイルもよくて愛嬌もあって喜怒哀楽が激しい子だったら何でも許せちゃいそう。

主人公はもともと成り上がりたい気持ちも抱え以っているので、その劣等感が彼女のような上玉と付き合えたことで自信になっていきます。しかし、やはりもともとの劣等感が独占欲という形で現れてくる。この映画はそんな彼らのやり取りからわかる、落としたい男女に対してどう振る舞うべきかのハウツーみたいな要素もあって面白い。あと、主人公が雑誌の編集者なわけですが、編集者の日々の仕事っぷりもかなり忠実に描かれていて、その辺の好感度が高めでした。面白い恋愛模様を覗き見る感じで、何も考えずに観るのがちょうどいい作品。


「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル