top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

週ベ編集部員が選ぶ!セ・リーグ、Vへのキーマンはこの選手だ!!

週刊ベースボールONLINE

3月30日、いよいよ2018年のプロ野球が開幕する。ここでは週刊ベースボールのセ・リーグ球団担当が自チームのVへのキーマンを選出する。

広島・鈴木誠也



広島・鈴木誠也

「オープン戦では昨季の右足首骨折の不安を払しょくする、パワーを増したスイングを披露。守備、走塁もこなして回復をアピールした。昨季は離脱するまで四番を張ってリーグの打点トップを走っており、1年間出場できるかどうかで赤ヘル打線の厚みが変わってくる」(C担当)

阪神・藤浪晋太郎



阪神・藤浪晋太郎

「昨季不調で3勝のみながら、金本知憲監督が開幕2試合目の先発登板を明言した。それだけ期待が大きく、これからの阪神を背負ってほしいと考え、託した。日本を代表する投手だけに再起をしてもらい10勝以上、最低5以上の貯金を作らなければ阪神の優勝は見えてこない」(T担当)

DeNA・今永昇太



DeNA・今永昇太

「開幕時は左肩の違和感で出遅れるものの、早期に一軍に合流して先発陣を引っ張っていけるか。優勝を狙うためには軸となる先発投手の存在は欠かせない。本人が目標に掲げる『15勝』をクリアし、石田健大、濱口遥大、東克樹ら他の若手左腕たちを刺激していきたい」(DB担当)

巨人・坂本勇人



巨人・坂本勇人

「4年ぶりV奪回へは若手の台頭が欠かせない。今季、二番に吉川尚輝、六番に岡本和真を据える新打順で開幕を迎えるが、彼らを我慢強く起用するには坂本勇人から始まるクリーンアップが機能することが求められる。『90打点、100打点、そういう成績を残したい』(坂本)。その自覚も十分だ」(G担当)

中日・小笠原慎之介



中日・小笠原慎之介

「高卒3年目ながらオープン戦ではチームトップの安定感で、開幕投手の座を奪取。入団当初から定評のあるストレートに加え、カーブやチェンジアップなど変化球の精度が増しており、充実を感じさせる。5年連続Bクラスからの浮上を図るチームにとって、頼れる大黒柱の存在は必要不可欠」(D担当)

ヤクルト・青木宣親



ヤクルト・青木宣親

「最下位のチームを変えられるのは、7年ぶりに復帰した青木宣親しかいない。その言葉で、バットでチームをけん引する。2015年のVも前年は最下位。かつて日本で見せた巧打でヒットを量産し、打線を活性化させれば、下馬評を覆せるかもしれない」(S担当)

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル