巨人ヒルマン、幻の7球【1998年3月29日】

巨人ヒルマン、幻の7球【1998年3月29日】
小錦がやっと降りてくれたと思ったが…… プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか

小錦がやっと降りてくれたと思ったが……

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は3月29日だ。

 1997年、前年96年にはロッテで14勝を挙げた2メートルの左腕・ヒルマンを巨人は年俸2億5000万円(推定)の2年契約、つまりは5億円で獲得。だが、同年は肩の故障でわずか2試合の登板に終わり、翌98年のキャンプでは有名な「肩に小錦(当時200キロ超だったハワイ出身力士)が乗っているような違和感」を訴えた。同年は一軍登板もなく、解雇となったが、実は、この年、“幻の7球”があった。

 3月29日の西武とのオープン戦(東京ドーム)だった。実戦を回避していたヒルマンに対し、堀内恒夫投手コーチは「まずはファームで投げさせてから」と話していたが、本人から「1回でいいので一軍で投げさせてほしい」としつこいくらいにアピール。長嶋茂雄監督が「あれだけ投げたがっているんだし、いまは満ち潮のときだから」とGOサインを出した。

 わずか1イニング。ストレートの最速は137キロだったが、見事7球で三者凡退とまったく危なげなし。ヒルマンも「真っすぐが通用するかどうか試したかった。いまは肩の痛みもない」と笑顔を見せていたのだが……。

写真=BBM
更新日:2018年3月29日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME