センバツ/松山聖陵高・土居豪人「夏までに150キロを!将来性十分の大型右腕」【春のキーマン】

センバツ/松山聖陵高・土居豪人「夏までに150キロを!将来性十分の大型右腕」【春のキーマン】
松山聖陵高・土居豪人[投手/3年]松山聖陵高・土居豪人 189センチの長身から、しなやかな投球フォームで

松山聖陵高・土居豪人[投手/3年]



松山聖陵高・土居豪人

 189センチの長身から、しなやかな投球フォームで最速144キロの快速球を投げ込む。2学年上の先輩・アドゥワ誠(現広島)を思い起こさせるプロ注目の大型右腕・土井豪人は「プロを目指している。夏までに150キロを出したい」と大きな目標を口にする。

 見る者に豊かな将来性を感じさせる一方、課題は制球力だ。秋の四国大会では2試合、18イニングで19と、1イニング当たり1個を上回る四死球を与えた。

 特に試合の立ち上がりに四球を連発する傾向があり、序盤の失点によって苦しい投球を強いられることが多い。「緊張感で腕が振れず、走者が出ると弱気になってしまう」と本人も自覚。帽子のひさしの裏に「自信持て!!」と書いて自らを奮い立たせている。

 四国大会準決勝では、明徳義塾のプロ注目右腕・市川悠太と投げ合い、完投したが1対3で敗れ、「力不足」と悔しさをにじませた。

「下半身を鍛えてフォームを固め、球速をアップさせたい」

 未完の大器はたくましく成長を遂げ、あこがれのマウンドに立つ。

写真=BBM
更新日:2018年3月29日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME