センバツ/近江高・山田竜明「ここ一番で勝負強く!攻守で貢献する覚悟」【春のキーマン】

センバツ/近江高・山田竜明「ここ一番で勝負強く!攻守で貢献する覚悟」【春のキーマン】
近江高・山田竜明[内野手/3年]近江高・山田竜明 同県対決となった昨秋の近畿大会準々決勝(対彦根東)

近江高・山田竜明[内野手/3年]



近江高・山田竜明

 同県対決となった昨秋の近畿大会準々決勝(対彦根東)で、2回に先制ソロ本塁打を放った。

「去年の夏の県大会決勝で同じように、相手の投手が増居君で、自分は代打で出たのに打てなかった。リベンジするつもりで思い切り振りました」

 1点が重くなる試合での貴重な一発で、近江が主導権を握った。

 小学校1年生で野球を始めたときは、投手と捕手を兼任。その後、チーム事情で内野を守る機会が増え、自宅でティー打撃をしながら打撃も磨いた。近江では1年秋からベンチ入りし、早くから中軸を担った。

 だが「自分は守備が少し苦手。ウチのチームは人数が多いし、打てなかったらすぐに外されてしまう」と危機感を持って挑んできた。この冬は守備力を上げることも課題だが、11月下旬に足を負傷し、思うように練習ができない時期もあった。そのため自主練習では仲間にノックを打ってもらい、連日課題と向き合った。

「守りでもチームに貢献できるようになりたい」

 その一心で必死に白球を追い続けてきたが、その成果を試す甲子園が始まる。

写真=BBM
更新日:2018年3月29日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME