top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ビートたけしを独立させた愛人「ゴンちゃん」は18歳年下

SmartFLASH

 

 昼下がり、一人の女性が世田谷区の高級住宅街を電動自転車で颯爽と駆け抜けていったのは2年前の夏。このときすでに、彼女の胸の内には「独立」構想が浮かんでいたのだろうかーー。 

 

<たけし独立 “愛人”との会社が新拠点>

 

広告の後にも続きます

 3月14日、「スポーツニッポン」がビートたけし(71)の独立を報じた。たけしは、オフィス北野の森昌行社長(65)に、「自分の時間を増やしたい」と申し出たという。だが、噂されるのは、「自分の時間」ではなく「カネと愛人」だ。

 

「2年ほど前から、たけしと森社長との間にはギャラの “歩合” をめぐって衝突が起きていた」(芸能プロ関係者)

 

 一部では、2月中旬にたけしの音頭で、事務所社員とたけし軍団の話し合いが開かれ、“恫喝まじりの労使交渉” がおこなわれたと報じられている。たけしは事務所が利益を独占していると疑っていた。オフィス北野と仕事をしたことのある構成作家が語る。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル