top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

いとうせいこう、出演作品を「4文字で表すと『不要不急』です!』

SmartFLASH

 

 俳優のいとうせいこうが、11月17日に開かれた映画「脳天パラダイス」公開直前プレミアム試写会で、出演した作品の印象を語った。一つの家族が引っ越しを機に、元妻をはじめ、ありとあらゆる関係性を持つ人たちが一家に集まるという独特な物語。

 

 いとうは、率直に語った。

 

広告の後にも続きます

「周囲にどうすすめたらいいか、わからない方も多いのでは。今の世の中、どんな作品を見ても、夫婦が出てきたら別れる、親子ならどっちか死ぬとか、なにかと感動させる。

 

 私はそうした作品に反発していたわりに、今回出演して毒されていたとよくわかりました。世の中はこうできてる、これが現実なのだ、と。『これが人生なのだ』と言える。

 

 

 こんな感動しない映画はないので、『感動しないから一緒に行こう!』と誘ってもいいかもしれません」

 

 今回の作品でこそ、映画館で見るべきだと強調する。

 

「隣に座ってる人が笑って、ポイントがわかることもある。分担することだね。映画館のよさをこんなに表している映画もそうそうないよ」

 

 山本政志監督から、演技の “修正力” を褒められたが、いとう節でこう切り返す。

 

「コント上がりの芸人としてやってきたから、自分がないのよ。監督に受け入れてもらって、やりやすかった。南果歩さんのような大御所の方が仲間にも入れてくれて……」

 

 作品をイジり続け、あいさつは終わった。

 

「(撮影中にもらった)脚本で、(全体の趣旨が)わかるわけないじゃん(笑)。映画になってようやく理解できたことが多い。4文字でこの映画を表すと、『不要不急』ですよ!」

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル