top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「篤姫役の北川景子さんがとてもかれんなので、張り切って演じています(笑)」幾島(南野陽子)【「西郷どん」インタビュー】

もっとエンタメ

 次期将軍の座を巡り、井伊直弼(佐野史郎)を中心とする南紀派と島津斉彬(渡辺謙)ら一橋派の対立が続く中、篤姫(北川景子)の将軍家輿入れをもくろむ斉彬が招いた教育係が幾島だ。薩摩の姫に過ぎなかった篤姫に対して厳しくも愛情豊かに接し、将軍の妻にふさわしい女性に育て上げた。演じるのは、「武田信玄」(88)以来、久しぶりの大河ドラマ出演となる南野陽子。個性的な幾島の役作りに関する裏話や、篤姫に対する思いなどを語ってくれた。

-久しぶりとなる大河ドラマ出演の感想は?

 「武田信玄」もだいぶ前のことですし、今まで大河のことは全く頭にありませんでした。ただ、撮影に入る3日ほど前に、舞台公演で鹿児島にいて、幾島の招魂墓にお参りすることができたので、「これで大丈夫」という気持ちになりました。撮影初日に、髪を結ってもらっているとき、ちょうどテレビで「サラメシ」をやっていたんです。(「武田信玄」に主演した)中井貴一さんがナレーションで「午後も頑張ってください!」と言っているのを聞いたら、「私に言ってくれているんだ、殿!」という気になって(笑)。おかげで「よし、行ける!」と、気持ちを上げて入っていくことができました。

-久しぶりの大河の現場はいかがですか。

 やっぱりセットは豪華だし、スタッフの皆さんの熱い思いや掛ける時間もすごいなあと。リハーサルのときには昔の自分を思い出して、北川さんがとてもいとおしくなりました。あと、私は兵庫県出身ですが、最初に顔合わせをしたとき、同じ兵庫県出身の鈴木(亮平/西郷吉之助役)さんと北川さんが「兵庫県がそろいましたね」と言ってくださったのが、すごくうれしくて。渡辺謙さんも温かく見守ってくださいますし…。おかげでとても気持ち良く過ごせています。お返しに、私も鹿児島のお茶を用意して皆さんに飲んでいただいたり…。そんなところから幾島の役作りをしていったところもあります。



TOPICS

ランキング

ジャンル