top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

農家楽(ノンジャーラ)with羊名人!味坊工場で新作「羊名人ふりかけ」と「羊名人」の可能性を探る

80C[ハオチー]

足掛け5年「羊フェスタ」で地道に手売りし、2019年より一般流通に乗った羊肉専用調味スパイス「羊名人(ようメ~じん)」。

企画者としてはアングラなバンドがメジャーデビューしたような眩しさが無きにしも非ずですが、これになんと、ふ、ふ、ふりかけ…!ができました。

今年の10月上旬から「日本橋 古樹軒」のオンラインショップ楽天市場店、「カルディコーヒーファーム」をはじめ、各小売店の店頭に並び始めています。

ふりかけが「羊名人」の隣に並ぶ店もあれば、こんな陳列もあり。ほしい方はぜひ店舗にリクエストを!(photo by Tsutomu Kosugi)

そんな新作「羊名人ふりかけ」は、料理にかけるだけでその風味を羊名人味に変える、ニュータイプのふりかけ

誕生のきっかけは「展示会でサメ肉フリッターに羊名人味のふりかけを作ってかけて出してみたら、思いのほかウケがよかったから売ろう」ということで発売に至った、なかなかノリのいい商品です。

「羊名人」は基本的に加熱調理用の調味料。「羊名人ふりかけ」は料理にかけるタイプのふりかけ。(出典:日本橋古樹軒ウェブサイト)

広告の後にも続きます

この新作の登場を知り、真っ先に喜んでくれたのが羊齧協会。振り返れば、80C(ハオチー)と羊齧協会は、協会が謎に包まれていた黎明期からの付き合いです。

そもそも「羊名人」も第1回「羊フェスタ」を機に生まれた商品。そこで「これを寿ぎたい!」と羊齧協会が企画したのが「祝!羊名人あらたなる船出。『羊名人ふりかけ』発売記念宴会」。11月8日(日)、人気の中国東北料理店「味坊」の新工場を1フロア貸し切って開催されました。

穫れたて中国野菜をもりもり食べる!農家楽(ノンジャーラ―)の愉悦

宴会のコンセプトは〈味坊農家楽 MEETS 羊名人&羊名人ふりかけ〉。その経緯は、メニュー打合せの際、オーナーの梁さんが最初に案内してくれた農園にあります。

看板発見!

聞けば、味坊集団では3年前から埼玉県八潮市で約300坪の農地を耕作。中国野菜とハーブを無農薬で栽培しており、現在店舗で使っている主要な野菜は、だいたいこの畑で収穫されたものだそう。

わさわさ生えた香菜やフェンネル、にょっきり青大根やピンピンとした唐辛子。これを見て、思わず口から出た言葉が「農家楽(ノンジャーラ―)!」だったのです!

見るからに元気な香菜。 唐辛子も数種類を栽培。青唐辛子は老虎菜などに使われます。 青大根。包丁を入れると淡い翡翠色が現れます。生食に最適ですが、煮てもよいと梁さん。
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル