top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米露中の選手が来日、「偽陽性」内村航平も参加 東京五輪の鍵を握る“テスト大会”の成否は?

Number Web


今年9月の全日本シニア選手権、観客席に消毒作業を行うスタッフ。全日本シニアでは約1000人だった観客が今大会では2000人程度となる見通しだ (photograph by KYODO)

 試金石となる。

 11月8日、東京・代々木第一体育館で体操の国際競技会が開催される。

「Friendship and Solidarity Competition」 (友情と絆の大会)が大会の名称だ。

 大会には日本のほか、ロシア、中国、アメリカが出場。日本、ロシア、中国はそれぞれ男女各4名、アメリカは各3名が参加する。4カ国の計30名の選手を2つのチームに分け、チーム戦として実施する。日本からは、男子は内村航平、神本雄也、萱和磨、谷川航、女子は寺本明日香、畠田瞳、畠田千愛、松村朱里がエントリーしている。

広告の後にも続きます

 この大会には、体操界のみならず、スポーツ関係者から強い関心が寄せられている。

 新型コロナウイルス感染拡大により大会が中止、延期になった中、五輪競技では日本で初めて海外から選手が来日して行われる国際大会である。

 そしてその運営と成否は、今後、各競技において国際大会を実施する際の、ひいては来年の東京五輪・パラリンピックの参考材料となるからだ。

「日本にコロナを持ち込まないことが最優先」

 国際体操連盟の渡辺守成会長は抱負をこう語っている。

「選手団に感染者を出さず、日本にコロナを持ち込まないことが最優先です」

 そのための対策に腐心してきた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル