top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

福山雅治の「下ネタ」発言に江戸川コナン「下ネタってなあに?」

SmartFLASH

 

 3月3日放送の『福山雅治 福のラジオ』(TOKYO FM)で福山雅治がアニメ『名探偵コナン』の江戸川コナンと対談した。

 

 4月13日に公開されるアニメ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌を福山が担当することから対談が実現。

 

広告の後にも続きます

 コナンから「主題歌を書いていただいて、最初に浮かんだ言葉は?」と質問されると、福山は「正義と真実」と即答。映画『三度目の殺人』で「真実に興味がない」弁護士役を演じ、「日本において、裁判は真実を究明する場所ではなく、利益を調整する場所という側面もある」という感想を抱いたことをコナンに力説。

 

「僕にとって正義でも、コナン君には正義ではないかもしれない。それをどう歌にするか?」と迷いながら曲を書いたという。その話にコナンは小学生ながら「ものすごく熱を感じる歌になっている。今回のお話も人間ドラマなので、体温を感じないと成り立たないので」と感心していた。

 

 さらに、コナンは「福山さんって謎解きとかなぞなぞ得意そうですよね」と話す。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル