top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

名前の読みを間違ってた芸能人、1位は圧倒であの女優

JOOKEY

芸能界には、名前の読み方が難しい芸能人も多いですが、その中でも読み方を間違ったまま覚えていたなんてケースもあるでしょう。そこで今回は10〜40代の男女のみなさんに、名前の読み方を間違っていた芸能人について聞いてみました。

 

■質問内容

名前の読み方を間違っていた芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:黒木華(くろきはる) 19.0%
2位:水卜麻美(みうらあさみ) 15.0%
3位:米津玄師(よねづけんし) 14.0%
4位:蛭子能収(えびすよしはる) 10.0%
5位:有吉弘行(ありよしひろいき) 9.0%
5位:森星(もりひかり) 9.0%
5位:武井咲(たけいえみ) 9.0%
8位:平野紫耀(ひらのしょう) 7.0%
8位:新田真剣佑(あらたまっけんゆう) 7.0%
8位:山本彩(やまもとさやか) 7.0%
8位:河相我聞(かあいがもん) 7.0%
8位:荒川良々(あらかわよしよし) 7.0%

広告の後にも続きます

 

●黒木華(くろきはる)

1位は、「重版出来!」や「凪のお暇」などの出演で知られる女優の黒木華(くろきはる)さん。誰もがそのまま「くろきはな」と読み間違ってしまいますよね。しばらく読み間違っていた事に気付かずにいた人も多いのではないでしょうか。「はる」と読む「華」という名前は、「春のように華やかに生きてほしい」との思いから名づけられたのだそうです。

 

●水卜麻美(みうらあさみ)

2位は、「幸せ!ボンビーガール」や「スッキリ」などの出演で知られる日本テレビアナウンサーの水卜麻美(みうらあさみ)さん。苗字の「水卜」を「みと」と読むものだと思っていた人も多数ですよね。実際に「ミトちゃん」の愛称の印象がとても強いので、「みうらあさみ」と言われてもピンと来ない人も多いでしょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル