top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

深キョン妊活ドラマ、ここが変!? 不妊治療経験者のリアルな声

女性自身

今までないリアルな妊活ドラマという触れ込みで始まった、フジテレビ系木曜10時の「隣の家族は青く見える」。

「生々しい」「リアル」という声があるいっぽうで、多くの不妊治療経験者からは「ピンとこない」などという意見が数多く上がっている。

■ピンとこない理由1「周囲の人々のデリカシーがない」

妊活は経験した人にしかわからない精神的なつらさがつきもの。ゆえに不妊治療者や周囲の人々は、言動には慎重になっているはずだが……。

広告の後にも続きます

「私は今まで3つのクリニックに通いましたが、どの先生も『不妊症』という言葉を使わずに症状を説明してくれました。わかっていても、もし目の前で先生に言われたら、ショックだろうな」(20代女性)

1話で深田恭子さん演じる主人公の奈々にクリニックの医師が「検査するまでもなく不妊症です」と告げるシーンがある。

病院によってはズバリ現実を提示する医師もいるものの、この宣告に違和感を覚える方も多いようだ。

「マツケンよぉ、会社の同僚に不妊治療していることを喋らないでーーー」(30代女性)

松山ケンイチ(33)演じる夫・大器は時折、会社の後輩に夫婦の不妊治療について話している。だが同じ悩みを持つ友人や家族ならまだしも、若い後輩に他人に夫婦のデリケートなことを軽々しく話すのは妻にとって気持ちのいいものではないはず。

奈々が苦しいときに寄り添ったり「いつか俺たちの所にも絶対(赤ちゃん)来てくれる」と元気づけたりしていても、このディテールのおかげで大器がどこか軽薄に感じてしまうようだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル