top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

10kgの減量成功に導いたダイエットの秘訣&“太ももほっそり”が叶う簡単ながら習慣

beauty news tokyo

お届けしている話題の中から、キレイな体型づくりのためにも参考にしたい特に反響の大きかった話題をシリーズで紹介。今回は『10kgの減量成功に導いたダイエットの秘訣』『ながらで“太ももほっそり”が叶う簡単習慣』の2つになります。週末のひとときまとめてチェックしてみてください。

▶︎ダイエット成功で体重61kg→44kgに。太りやすい体質でも【減量&体型キープ】を叶えるコツ

“かぼちゃ”中心の食事メニューで10kgの減量に成功

韓国では歌手がアルバムを発売する活動時期にダイエットに励み、久々にメディアに登場した際に別人級にスリムになった姿を披露することが定番。そんなスリムなボディを手に入れた彼女たちはダイエット中に実際何を食べていたのでしょうか? そこでチェックしておきたいのが10kgの減量に成功した歌手・IUのダイエットメニューです。

この投稿をInstagramで見る

이지금(@dlwlrma)がシェアした投稿 – 2019年 8月月17日午後5時45分PDT

広告の後にも続きます

そんなIUが積極的に食べていたのが“かぼちゃ”を中心に据えたメニュー。そのメニューのポイントは、

・1日3食のうち1食を“小さめのかぼちゃ1個のみ”にする

・もう1食は小さめのかぼちゃ1/2個と豆乳(牛乳でもOK)を摂った後に食べる

の2つ。端的に言えば主食をかぼちゃに置き換えるというダイエットになります。かぼちゃは満腹感を得られる反面、低カロリーな食材ですし、抗酸化ビタミンを含むのでエイジングケアやむくみ予防に効果的。かぼちゃを切ったり蒸したりといった少々手のかかる作業さえ乗り越えれば、簡単に真似できそうな食事法です。一般人とは比べられない程のダイエットへのプレッシャーにさらされている韓国の芸能人が実際に食べていたものや食べ方は参考になるはず。ぜひ栄養バランスの偏りには注意しつつダイエットのヒントとして参考にしてみてくださいね。

ながらでできるのが魅力!簡単“太もも痩せ”習慣

脚のラインが美しく見えるポイントは、何と言っても“太もも”。太ももの間にすき間があるだけで脚はより細く見え、しかもメリハリのある印象を与えます。だからこそ脚痩せを目指すためにも鍛えたいのが内ももにある「内転筋」。そこで習慣に採り入れたいのが寝転んだ状態で内転筋を鍛えることができるピラティスの簡単エクササイズ【レッグアブダクション】です。内転筋にダイレクトに効くエクササイズで、太ももをほっそりさせるだけでなく、骨盤を安定させたり、O脚の予防が叶ったり、姿勢を改善したりと様々な嬉しい効果を期待できます。

(1)左脚を下にして横向きに寝て、左肩の真下に左ひじを置いて上半身を起こす

(2)右脚を左脚の前に出してひざを曲げる

(3)一旦息を吸い、息を吐きながら左脚を上下に20回動かす

▲内ももに負荷がかかっていることを意識しましょう

終わったら脚を変えて反対側も同様に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「上半身をしっかりひじで支えて真っ直ぐの姿勢をキープすること」がポイント。また、脚を上げる際は、できる限りの高さまで真上に上げるようにしてくださいね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

TOPICS

ジャンル