top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

深夜1時まで、アラカルトで軽やかに中華を。「桃仙閣 東京」六本木にオープン

80C[ハオチー]

気張らずに、ちゃんとした、丁寧につくられた中華が食べたい。そんな気持ちに寄り添う店「桃仙閣 東京」が2020年9月、六本木にオープンした。

場所は六本木の俳優座そば。クローズは深夜1時(日によって短縮営業あり)。

目指すところは、どこか懐かしく、さりげなく上質な味わいをアラカルトで楽しめる店。

最近ではおまかせコースだけ、という店も少なくないが、思えば往年の中華料理店は、メニューを開き、なにを食べようかと目移りするのも喜びのひとつだったものだ。

ちなみに六本木の中華料理店で、アラカルトで楽しめる中華の二大巨頭といえば「中国飯店」と「香妃園」。どちらも老舗で、しっかりとした中華だが、産声を上げたばかりの「桃仙閣 東京」は、アラカルトながら、ほとんどの料理で一皿のボリュームが調整ができ、軽やかな味付けが中心。

昔ながらの中華のように、肩肘張らない楽しみ方ができることに加え、モダンな空間や、料理の提供スタイル、お酒のバリエーションなど、今の東京都心に合わせて進化させており、訪れる人それぞれに、いろんな楽しみ方ができる店となっている。

個室は7室。思い思いにくつろげるシックな空間。

広告の後にも続きます

特に今の時代らしいと感じるのは、個室を多く設けているところだ。なんとその数、7室。2人向けに4室、4人向けが3室あり、プライベートな空間を大切にできる。

グレーを基調としたシックな内装。こちらは4人向けの個室。各個内には空気清浄機を備えている。

一方、1~2名ならカウンターもいい。こちらは「ふらりときて、空いていたらラッキー」と思えるいい雰囲気。「お酒を飲みに来ていただくだけでもどうぞ」と店主の林亮治さんがいう通り、ワイン、日本酒目当てもアリ。お好きな方は、相談したらすごい1本が出てくるかもしれない。

カウンターは最大4席。落ち着いた照明で寛げる。※撮影日は3席。 お酒は好みを伝えて出してもらっても吉。

日本で愛される定番中華も、中国を感じる季節の料理も。

メニューをめくると、ちょっとしたつまみにちょうどいい前菜が10品ほど。炒めものや煮ものなどの温かい料理は、エビチリや酢豚、かに玉、ホタテの炒めものなどの日本中華の定番はもちろん、季節によって上海蟹の料理や、カエルの炒めものなども登場し、目に舌に楽しませてくれる。

カエルの唐辛子と花椒の香草炒め ホタテと黄韮の炒め

前菜は中国各地の伝統的な料理を、現代的な引き算をして仕上げられたものが多く、温かい料理は日本の中華の定番をベースにしつつ、この店らしい、やさしい味わいに着地させている印象。

例えば、鶏モツを四川料理の調味だれ、椒麻(ジャオマー:葱の青い部分と花椒を叩いてペースト状にしたもの)で和えた前菜は、レバー、ハツ、砂肝を湯引きし、ふわりと火の通している点が現代的。椒麻は現地よりやわらかくコクのある風味に仕上げていることで、日本のお酒とも合わせやすくなっている。

鶏の三種内臓湯引き 椒麻味

蒸し鶏は、中国の鶏料理とは異なるしっとりとした風合いであり、キリリと口がすぼまるようなクラゲの甘酢は、どこか懐かしい味わい。

蒸し鶏の葱ソース クラゲの冷菜
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル