top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

中条あやみが夢のような三角関係で揺れ動く「覆面系ノイズ」(2017)

エンタメウィーク(映画)

中条あやみが夢のような三角関係で揺れ動く「覆面系ノイズ」(2017)

解説

福山リョウコ原作による人気恋愛コミックを、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎監督が実写映画化。歌うことが大好きな少女・仁乃は、幼い頃いつも一緒に歌っていた初恋相手のモモ、そして曲作りをするユズという、2人の大切な男の子との別れを経験していた。彼らとの再会を夢見て歌い続けてきた仁乃は、高校生になったある日、学校でユズと再会を果たす。ユズが所属する人気覆面バンドのボーカルに誘われた仁乃は、いまだ再会できないモモに自分の歌声を届けるため、本格的な音楽活動に取り組んでいく。そんなある日、仁乃はモモらしき人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見する。「劇場版 零 ゼロ」の中条あやみが仁乃役で主演を務め、「サバイバルファミリー」の志尊淳がユズ役、「あしたになれば。」の小関裕太がモモ役をそれぞれ演じる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

『花とゆめ』で連載されていた福山リョウコ原作の実写化である本作。少女漫画特有のトゥーマッチな甘さが控えめで、音楽・演技ともに非常に良かったです。

設定はお決まりの幼なじみであり初恋の人を追いかけるヒロインと、そんな彼女の背中を見つめる同級生の三角関係。それを中条あやみ、志尊淳、小関裕太という旬の顔ぶれが織りなしていきます。本作のクオリティの高さはこの3人の顔面偏差値の高さに基づいているといっても過言ではありません。とにかく、中条あやみが美しい! 

彼女が憧れだったバンド、in No hurry to shoutに加入してゴスロリの衣装を見に纏うのですが、違和感が全然ない。ミステリアスな魅力をもつ彼女が、表情筋を目一杯動かして笑い、歌う姿がエネルギッシュでした。また、彼女の憧れの相手であるモモを演じる小関裕太もツボ。普段より前髪重めでボサボサ、メガネをかけた目が見えるか見えないかぐらいのところが絶妙で、ヒロインを突き放しながらも彼女のことをしっかり気にしている部分がツンデレ! 最高です。

志尊淳は対照的に、とにかく優しくて明るい。どんな時でもヒロインの味方だよ、っていう立ち位置のイケメン役に徹しています。まさに夢のような三角関係!


「覆面系ノイズ」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル